北海道マンガ研究会

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 入会案内
  • ご案内
    • 北海道マンガ研究会とは
    • 代表あいさつ
  • 北海道マンガ家リスト
  • お問い合わせ

 ↓おすすめリンク

  • Dybooks(ダイブックス):エアーダイブから発信する本のサイト
  • 君知るや 彼の人を「湊谷夢吉とその時代展」

代表あいさつ

増淵敏之
法政大学大学院政策創造研究科教授

北海道マンガ研究会は2007年春に有志が集まって、まず札幌を対象地域として月1回ペースでマンガの文化資源としての価値、マンガの地域での産業化などについての議論を行ってきました。初年度は手探り状態の中での研究会運営でしたが、結果として北海道におけるマンガの産業化への優位性の確認、つまりマンガ産業の経営資源としての豊富な人材、また周辺の情報ネットワーク、芽生え始めた幾つかのアントレプレヌールシップなどが次第に明らかになってきました。

マンガ産業が従来、東京に集中していたという現状からすると、地域での産業化においては様々な課題が存在しています。しかし全国的な文化の均質化、均等化が進む中、地方独自の文化を保存、かつ進化させていく必要性を感じます。つまり地域のアイデンティティは地域文化に立脚するものだからです。マンガもひとつの地域文化、地域資源と私たちは捉えています。

そして2008年、札幌から範囲を広げて北海道マンガ研究会として新たなアプローチを行っていきたいと考えています。マンガや地域振興に関心のある方々と一緒に、次代の北海道の独自文化形成に貢献できれば幸甚に思います。

法政大学大学院政策創造研究科教授  増淵敏之

ページの先頭へ

Copyright2008 © Hokkaido Manga Society All Right Reserved