僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアネタバレ207‐208最新話考察手のひらの上で踊らされるA組

前回、第3セット戦いは、最後に残った障子対ポニーの一騎打ち。

ポニーは劣勢ながらも自身の出来る事や状況を判断してタイムアップまで粘り、第3セットを引き分けにする。

そのあと第4セットの準備が整い、第4セットが始まろうとしていた。

第4セットのB組メンバーの中には推薦入学者の取陰切奈がおり、A組にとってこのセットも厳しい戦いになりそうな様子。

爆豪もこの戦いに燃えている。

二人はどんな戦いを見せるのか!?

第4セット、いよいよスタートです。

この記事では、2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」の207話あらすじとネタバレ、感想や208話考察をご紹介しています。

Sponsored Link

僕のヒーローアカデミアネタバレ207最新話

【B組も力をつけている】

B組の凡戸、泡瀬、鎌切、取陰は作戦会議をしていた。

ステージと相手の個性の相性や相手4人の戦力のバランスを考え作戦を立てる。

 

第4セットまでの成績は、お互い1勝と1分け。

その結果をB組担任ブラド先生が「A組の1勝はほぼ心操のおかげ!! はたして互角と呼べるのか!?」とA組を煽る。

それを聞き怒るA組だったがA組担任の相澤先生に止められる。

そして「B組の方がより深く対策を講じている。」と言われA組生徒は自分の力不足を実感する。

オールマイトもB組が力をつけていると感じていたが、A組もこのままじゃないと期待を寄せる。

そして爆豪の活躍にも期待を寄せていた。

隙を窺う

仲間に暴言を吐きながらも先頭に立ち先導する爆豪。

砂籐達は昔から変わらないと思いながらも、「大丈夫かな」と不安な声を口にする。

 

爆豪の作戦は、進んでいく爆豪についていき、ほかが爆轟のサポートに回り、耳郎が探索をする。

この作戦に対し瀬呂は、敵の迎撃能力の高さとこちらには探索能力の高い耳郎がいる事から、隙を窺って慎重に行こうと提案する。

しかし爆豪は「だから先手取らねーとやべェんだろが、隙は窺うもんじゃねえ動いて作るんだ」と拒否。

取陰の個性

前を進んでいる爆豪の視線に敵を発見、すぐさま耳郎に詳しい位置を調べるよう指示する。

爆豪の指示で耳郎が個性を使い音を確認するが、いたるところで音が聞こえて位置が調べられなかった。

その時、爆豪の背後に取陰の口だけが浮かんでいるのを発見し攻撃するも外してしまう。

周りを見ると、取陰の体のパーツ1つ1つが切り離され、それぞれが行動していた。

取陰は切り離した体を操り爆豪を様々な方向から攻撃した。

威力は高くないものの的が小さく反撃が出来ない事に苛立つ爆豪。

切奈のプラン通り

瀬呂は取陰の攻撃を封じようと、自分の個性のテープでバリケードを作る。

それは読んでいたと言わんばかりのスピードで凡戸は個性を使う。

瀬呂のテープは接着剤まみれになり、瀬呂達は動きを制限されてしまった。

凡戸は「切奈のプラン通りじゃん。」と言っていることから、取陰にA組の動きはすべて読まれていた。

取陰の音の妨害と同時に動く事で鎌切もばれずに接近する。

 

俺はもっと強くなってんぞ

 

A組のピンチに、多少攻撃は受けながらも、自分の個性でバリケードを吹き飛ばす爆豪。

遮蔽物が消えたとたん鎌切が耳郎に向かって攻撃を繰り出す。

爆豪は攻撃に向かった鎌切に気づき耳郎と鎌切の間に入り、耳郎を助けるのと鎌切の攻撃をこなす爆豪の姿はまるでデクやオールマイトに対して「俺はもっと強くなってんぞ」と言っているようだった。

僕のヒーローアカデミア207話の感想

B組の戦い方は、相澤先生の言うとうり、相手にたいしての対策をしてきていることが、今回の戦いでも、今までの戦いからもわかります。

それをA組はどういう風に戦い、勝利するのかが楽しみです。

 

今回の作戦は慎重な瀬呂に対し、爆豪は積極的で、結果的に爆豪の作戦になりましたが、かといって爆豪が何も考えてないわけじゃなく、爆豪はその理由をちゃんと説明するのがいいですよね。

 

そして取陰の個性、全身を切り離し行動できる、そして最大50に分割可能。

強力な個性ですよね。

50に分けた体で攻撃や今回みたいな探索の妨害は出来ると分かりましたが、体のパーツ1つだけで探索も可能なのか気になります。

強力なのは個性だけじゃなく頭もきれるから厄介です。

取陰は攻撃を仕掛けた上で、A組の行動を予想し、追い詰めていったという感じです。

今回のA組は取陰の手の上で踊ってるだけという感じですかね。

僕のヒーローアカデミア208話の予想

まず爆豪の作戦ですが、まだほかにあると思います。

なぜなら前回「嘘だろそんな策が」と砂籐が言ってましたが、今回の作戦は、嘘だろって感じではない為、まだとっておきの策が残ってると予想します。

 

これからA組反撃開始と行きたいところですが、

泡瀬の居場所が不明な事が気になります。

現在、泡瀬は何処にいるのか、何故いないのか、これに爆豪達が気づけないと反撃はまだ先という感じがします。

 

取陰がどこまで予想しているのか。

今回は耳郎、瀬呂の行動が読まれてしまいましたが、最後の爆豪の行動まで予想できてたのか。

もし想定外ならここが突破口となりそうですが、現時点でも爆豪の消耗が激しく最後まで持つのか心配です。

なんにせよ爆豪のこれからの行動に注目です!

僕のヒーローアカデミア ネタバレ206‐207最新話考察!ポニーの頭脳プレー この記事では、2018年11月19日発売の週刊少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」の206話のあらすじとネタバレ、感想や207話考察を...
Sponsored Link
Sponsored Link
テキストのコピーはできません!