鬼滅の刃

鬼滅の刃182ネタバレ183最新話あらすじと感想~愈史郎の怒り!蜜璃&伊黒到着!

manga-saishinwa

復活した無惨はなんと義勇・炭治郎と対峙。

すると自分のことを「天変地異」だとして諦めろという無惨。

そうしない「異常者」鬼殺隊と決着をつけようと考える無惨に怒り沸騰の炭治郎。

一方蜜璃ちゃんは何者かによって鳴女の空間から引っ張り出されたように見えましたが果たして―!

「鬼滅の刃」は「eBookJapan」で無料試し読みが可能!
登録不要で内容をチェックすることが出来ます☆彡

鬼滅の刃を今すぐ試し読みする

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査しました!アニメも無料で視聴できますよ!

mangamuranokawari
鬼滅の刃最新刊も漫画村の代わりに全巻無料で読めるサイトは?ネタバレ研究会調べ「鬼滅の刃」は作者:吾峠呼世晴さんが2016年から【週間少年ジャンプ】で連載中の人気漫画です。 2018年にコミックス13巻が発売...

前回までのストーリーはこちら

manga-saishinwa
鬼滅の刃180ネタバレ最新話181あらすじと考察~無惨復活!絶望が始まる!「死なないで欲しい」兄たちの願いは虚しく、無一郎と玄弥は皆のために命をかけ死亡しました。 自分たちより年下の少年たちの犠牲の元、悲...

この記事では 2019年11月11日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第182話「激怒」のあらすじとネタバレ、感想や 183話の考察をご紹介しています。

鬼滅の刃ネタバレ最新話182話「激怒」のあらすじと感想

いよいよ無惨との決戦が始まります。

無惨の攻撃で片目を潰される炭治郎。

危機的状況の中、助けに来たのはなんと蜜璃と伊黒!

そこには珠世を亡くした愈史郎の強い怒りがありました。

死闘開始!!

生き物に対してこれほど、腹の底まで憎悪が渦を巻くほど冷たい気持ちになったのは初めてだと炭治郎は冷静に怒り、刀を握りしめます。

しかし無惨が首を斬っても倒せないことは分かっています。

いま炭治郎が出来る事は、指令通りみんなの到着を待ちながら、太陽の出る夜明けまでの戦いの攻略法を探り少しでも有益な情報をみんなに伝えること。

まずは生き残ること。

そこからが本当の戦いです。

と考えている間に無惨が自らの腕をムチ状に伸ばし炭治郎たちに襲い掛かります。刃物のような切れ味で素早い攻撃。

“凪”で躱しますが、とんでもない間合いです。炭治郎は目で追えず辛うじて感覚だけで避けている状態。

それでも炭治郎は一瞬の隙を狙い切り込んでいきます。

「抜けろ!抜けろ!」

そして見事無惨の目の前へ!

直前でも無惨の一撃を避けられた炭治郎。

「避けられた!いける!!」

しかし―

気づけば炭治郎は右目に攻撃を食らい倒れていました。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

蜜璃&伊黒死亡?

「間合いを詰めるな!斬り込まなくていい!」と義勇が炭治郎を救出し連れ戻します。

しかしここは遮蔽物も扉もない場所。義勇たちには一旦落ち着く暇も与えられません。

「時間稼ぎ…夜明けまでか?柱三人でそれは可能なのか?」

無惨の言う「柱三人」とは恐らく“義勇、悲鳴嶼、実弥”のこと。

何故なら―

「縞の羽織りの柱と女の柱はすでに私の部下が殺したようだぞ?」

まさか…伊黒…蜜璃ちゃん…。

確かに鳴女が琵琶を鳴らす中、伊黒と蜜璃ちゃんがやられている姿が描かれます。

無惨は再び腕ムチ攻撃へ。

炭治郎は義勇の足手まといにならないよう片目で必死に回避し続けます。

片目を潰されたと言えど炭治郎はいつも“匂い”でものを見ているので、落ち着いて嗅ぎ分けようとしますが…攻撃が速過ぎて嗅げない!息が続きません!

そしてギリギリの状況で焦る炭治郎は、攻撃に集中するあまり壁にぶつかってしましました。

よろける炭治郎に容赦なく無惨の腕が襲い掛かります。

「炭治郎―っ!!」

義勇の叫び声も虚しく、鋭く尖った腕が炭治郎に向かって伸びていきます。

「ああっ!駄目だ!!」

FODなら無料でもらえるポイントを使って鬼滅の刃を3~4冊無料で読めます。

1ヶ月利用無料なので、こちらから確認してみてね!

激しい怒りで形勢逆転へ!

その時―

「やめなさいよー!!」

炭治郎の危機に天井から援軍に現れたのはなんと蜜璃!

“恋の呼吸・陸ノ型 猫足恋風”

あ~なんともカワイイ技名ですね。

「手応えあり!」と叫ぶも無惨はなんと無傷。「未だかつてない衝撃!」と蜜璃ちゃんはショックを受けます。

そして炭治郎を抱えて回避していたのは伊黒でした。

「足手纏いの厄介者。お前はもう引っ込んでろ」と、言い方は悪いですがやはり優しいですね。

炭治郎は伊黒と蜜璃が生きていることを泣いて喜びます。

驚いたのは無惨です。

伊黒と蜜璃は鳴女によって殺されていたはずです。

「何をしている!鳴女!!」

無惨は鳴女に対し怒りを顕わにします。

しかしその問いに答えたのは…愈史郎です!

「何をしているかだって?操っているんだよ、この女の視覚を」

愈史郎は自らの血鬼術の札で鳴女の視界を奪っていました。

「この世で最も重い罪を犯した」と無惨に伝える愈史郎。それはもちろん珠世を葬ったこと。

「後悔して跪け!!」

愈史郎の叫びとともに城全体が撓み始めてきました。

「今からお前を地上へ叩き出してやる!」

涙を流しながら激昂する愈史郎。彼の怒りは何を成そうとしているのか!?

鬼滅の刃の最新刊も無料で読む方法

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

  • 次におすすめなのがFOD

FODなら「鬼滅の刃」を4冊も無料で読むことが出来るのです!

こちらのページから登録すると、1ヶ月無料期間があり、合計1300ポイントもらえるので、鬼滅の刃を4巻分無料で読むことができます!

ポイントは初回登録時100p、その後8のつく日にログインすると400pずつ付与されて合計1300p無料でもらえます。

U-NEXTも、FODも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

是非一度お試しください。

鬼滅の刃182話のネタバレ・感想

蜜璃ちゃんを掴んだのは愈史郎でしたね。

伊黒も来たのでようやく2人の本気バトルが見られそうで楽しみです!

ちなみに炭治郎は本当に右目をやられたっぽい描写です。

無惨との最終決戦でさっそく主人公が片目を潰されたわけですが、果たしてここからどんな激しい戦いになるのか少し怖いですね…。

鬼滅の刃183話の予想や考察

悲鳴嶼と実弥が到着するまでもまだまだ二転三転とありそうですが、蜜璃と伊黒も来たのは心強いですね。

しかしまずは愈史郎。

この城での愈史郎の活躍が本当にチートなヤバさですが、愈史郎のこの怒りがどれだけ無惨を追い詰められるのか。

そこは無惨様。そううまくはいかないと思いますが、無惨の焦る様子に期待したいと思います。

それから珠世が居なくなったいま愈史郎がこのまま生き続けられるのかも気になりますし、まずは愈史郎の動向がポイントとなりそうですね。

次回も楽しみです!

テキストのコピーはできません!