呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ47‐48最新話あらすじと感想&考察!反撃開始・特級呪具の力!

この記事では2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」の47話のあらすじとネタバレ、感想や48話の考察のご紹介をします。

京都との交流会に突然の敵の襲撃。

その襲撃に交流会を中断し、京都校と協力して呪霊を相手する。

この異変に歌姫、京都校の学長、五条が向かうが五条のみ通さない結界が貼られてしまう。

学長も呪詛師に先を阻まれる。

伏黒、加茂、狗巻の三人は特級呪霊と戦っていた。

逃げながら戦い味方との合流をしようとしたが、狗巻に限界が来てしまう。

それが原因で加茂が倒れ、狗巻が最後の力で敵を吹っ飛ばすと真希が現れ追撃。

伏黒と真希は合流し伏黒は真希に武器を渡した。

特級呪霊相手にどうするのか!?

Sponsored Link

呪術廻戦ネタバレ47最新話のあらすじと感想

呪具とは呪いを宿した武具の事で威力、効力によって1~4の等級に分けられ等級が高いほど呪術戦において大きなアドバンテージとなる。

倉庫の様な場所で真希と伏黒は5億する程の呪具を扱っていた。

真希が特級呪霊に対して手に取った呪具は特級呪具の游雲という三節棍。

その呪具を使い真希は相手を攻撃した。

呪霊は腕でガードしたものの真希はそのまま吹っ飛ばした。

呪霊は屋根から地面に叩きつけられそのまま地面を激しい砂埃を上げながら転がった。

呪霊はすぐさま体制を整え呪具の性能を褒めた。

森から式神の狼が現れ呪霊を襲う。

拡張術式の一部を除いた伏黒の式神は完全に破壊された場合、二度と顕現する事は出来ないが破壊された式神の力は他の式神に受け継がれる。

連携

伏黒の式神が呪霊を爪で攻撃する。

呪霊もそれを受ける。

呪霊はさっき三節棍で傷ついた腕を狙われていると気づく。

呪霊が術師である伏黒を探すも周りの森に隠れているのか見つからない。

その時に何者かが近づく音に反応しガードをする呪霊。

真希の攻撃をしっかりとガードした呪霊だったが、真希の持っていた武器が剣だという事に気が付く。

すると呪霊の背後から伏黒が現れ呪霊の後頭部に三節棍を叩きこむ。

伏黒が合図を送ると真希と伏黒が武器を入れ替えた。

ひるんだ呪霊に2人は攻撃を叩き込んだ。



Sponsored Link


伏黒が扱いにくい事から「三節棍なんて二度と使わせないで下さい」と言うと真希は慣れたら便利と言おうとして伏黒に目をやると異変に気が付く。

伏黒は口から血を流し腹部から植物の芽みたいなものが生えていた。

すると今度は真希に呪霊の攻撃が飛んでくる。

真希は急所は避けたものの腕にダメージを負ってしまう。

伏黒が自分の所為と悔やんでいると、呪霊が真希の反応を褒める。

呪霊はそのまま情が厚いから仲間が傷つくと隙が生じると申した。

呪霊を襲おうとした式神が急に消えていった。

真希は破壊されたかと考えたが伏黒の様子から解けてしまったと理解する。

伏黒は腹を押さえうずくまっている。

呪霊が伏黒に対し呪術は使うなと警告した。

伏黒に打ち込んだ芽は術を使うほど肉体の奥深くに根を伸ばすと呪霊が説明した。

伏黒はわざわざ教えてくれたことにいやみったらしく礼を言うと、呪霊は説明すると効き目がよくなることをさらに説明した。

選手交代

真希が動いた。

真希は三節棍で呪霊を突くように攻撃し、かわされたと分かるとすぐに追撃を繰り出す。

しかし呪霊は「先程のキレがない」と言うと真希を捕らえてしまった。

その状況に伏黒は力を振り絞り自分がどうなっても術を使おうとする。

守る人間を選ぶ伏黒はみんなと比べ背負っているものが少ないと感じ。

だからこそ必死にあがこうとしていた。

そんな伏黒に真希は「やめろ」と一言。

そして真希は「私らの仕事は終わった選手交代だ」と口にした瞬間、呪霊を頭上から攻撃したものが現れた。

東堂と虎杖。

2人は呪霊の前に現れると「いけるか!? 虎杖」「応」と答えた。



Sponsored Link


呪術廻戦47話のあらすじと感想

強力な呪霊に対してどう勝つんだろうと思うぐらい強かった前回、しかし今回の三節棍で吹っ飛ばしからを見たらいけるかもと思いました。

さすが5億の呪具という性能でした。

伏黒と真希の連携でたたみかけいけるかと思ったら一転。

呪霊の反撃、よくよく見るとこの呪霊叩きの中で相手を褒めたり結構余裕ある様に感じました。

どれだけ強いんだこの呪霊。

そんな時に東堂と虎杖。

東堂は虎杖のことをベストフレンドと呼んですごい仲良くなりましたね。

七海もそうですが初めの印象はいまいちでも回を追うごとに魅力的になっている東堂はそう感じました。

呪術廻戦48話の考察

感想でも書きましたが私は敵がまだ余裕があるように見えたのでこれからがもっと激しい戦いになると予想します。

七海の時から考えて宿儺の介入は少ないと考えます。

あるとしたら戦いが長引き伏黒が手遅れになる可能性が出てきた場合のみ宿儺は出てくるのではないかと予想します。

しかし戦力は東堂、今向かっている歌姫、五条もあのまま黙っているわけないと思います。

さすがにメンツなら勝てると思うので宿儺は出てこないと予想します。

交流会での東堂と虎杖の戦いは東堂が虎杖に修行をつけていた感があるので次回の戦闘で強くなった虎杖を見たいです。

テキストのコピーはできません!