鬼滅の刃

鬼滅の刃149ネタバレ最新話あらすじと感想~帰ってきた義勇!背中の痛みに激怒

manga-saishinwa

この記事では 2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第149話「嫌悪感」のあらすじとネタバレ、感想や 150話の考察をご紹介しています。

鬼滅の刃最新巻を今すぐ無料で1冊読む

前回までの鬼滅の刃のネタバレとあらすじはこちらです

u-next
鬼滅の刃ネタバレ148-149最新話あらすじと感想~義勇も動いた!激しい攻防長き因縁を断ち切る運命の最終決戦。 誰も悲しむ暇もない急迫の夜、幼き当主輝利哉の指揮のもと宇髄天元と煉獄父・槇寿郎も使命を果たすた...

術式展開した猗窩座に対しついに義勇も動き出しました。

猗窩座と義勇・炭治郎の激しい攻防の中、猗窩座の技の威力に吹き飛ばされてしまう義勇。

一人になった炭治郎。煉獄を侮辱するような発言をする猗窩座に対し怒りを顕わにするが、炭治郎の言葉に猗窩座は何か思うことがあるようで…?

鬼滅の刃ネタバレ最新話149話「嫌悪感」のあらすじと感想

炭治郎と猗窩座は互いに不快感を覚え、さらに激しい戦闘へと突入します。

そんな炭治郎に未来を託す千寿郎。

しかし炭治郎に対し憎しみを向けた猗窩座の攻撃は途轍もなく炭治郎はかなり劣勢。

そのピンチに登場したのが、帰ってきた義勇でした。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

交わらない者同士

炭治郎は理解しました。

「俺はこいつを生理的に受け付けないのだ」と。

炭治郎は初め猗窩座に対し“弱者だから”不快なのだと思っていましたが、強くなってもそれは消えず、彼の存在すべてが炭治郎の体を蝕むような吐き気がするほどの不快感を抱かせるのでした。

対し猗窩座は、炭治郎の言葉を受け誰かを思い出していたようでした。人間だった頃に縁があった人だと思います。

その影は背後から猗窩座の肩に手を置き、炭治郎とまったく同じような言葉を伝えています。

始めは皆赤ん坊で、周りから手助けされて覚えていくもの。そして昨日の自分より強くなり、今度はお前が人を手助けしてやるのだと。

猗窩座はその言葉をかけた人物の手を振りほどきます。しかし幻影なので当然その腕は空を切ります。

するとその様子を不思議がっていた炭治郎の方を向きこう言いました。

「炭治郎やはりお前は不快だ」

不快感を抱く者同士の戦いとなりました!

猗窩座の攻撃

“破壊さつ・砕式 万葉閃柳(まんようせんやなぎ)”

ついに猗窩座は明確な敵意を向けて炭治郎に攻撃を仕掛けました。それは次々に炭治郎を襲います。

“破壊さつ・脚式 飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん)”

猗窩座の攻撃は速く、高威力。動作を予測して何とか受けきれても負傷をゼロに出来ないほど激しい攻撃です。

威力も驚異的だとして、炭治郎が考えるのは猗窩座の攻撃があまりにも正確無比だということ。確実に隙を刺し、急所に対しては磁石に吸い寄せられるように確実に向かってくるのです。

何かあるはずだ。

炭治郎は今までの猗窩座の言動を思い出し推理し、何か導きだそうと必死に頭を回転させます。

しかし考える隙すら与えない猗窩座の怒涛の攻撃。

炭治郎は“ヒノカミ神楽 飛輪陽炎(ひりんかげろう)”を繰り出し凌ぎます。

その攻撃はなんと、確実に避けたと思われた猗窩座の首に傷を入れました。

刃の切っ先が陽炎のように揺らぎ刀身が伸びたように見えたそうで、猗窩座の興味を高めたようです。

過去から未来へ

激しい決戦が繰り広げられてるこの夜。

煉獄千寿郎は仏壇で兄・杏寿郎に祈りを捧げていました。戦に参加している父と炭治郎の無事を。

千寿郎は炭治郎に向けて手紙を書いていたようです。その内容は炎柱の書に記されていたこと。

当時の炎柱と日の呼吸の剣士の会話で、始まりの呼吸である日の呼吸の剣士が無惨と対峙した時の話だそう。

その話を聞き当時の炎柱は自信を無くしてしまったそうですが、「炭治郎さんなら負けず、未来への道を拓いてくれる」と炭治郎の笑顔を思い出し、その確実な思いを兄と共有しているようです。

帰ってきたあの男

その千寿郎の手紙はまだ炭治郎に届いていませんでした。

手紙を届けに来たカラスがそこまで来ているのですが、炭治郎は激しい戦闘の最中にいるので渡すことが出来ません。陰で様子を見ながらビクビクしてるのが可愛いですが、早くこの場から解放してあげたい。

手紙が届いていないということはつまり炭治郎は、猗窩座に勝たないと千寿郎の手紙を読むことが出来ないということです。

激しい戦いは続きます。

炭治郎が“ヒノカミ神楽 円舞…”と技を出しかけたところで、猗窩座がその攻撃を白刃取り。このままでは刀を折られてしまいます。

そこで炭治郎は渾身の頭突き!

しかし炭治郎の石頭攻撃でも猗窩座は「いい頭突きだ」と褒めるだけで手は刀から離しません!顎に蹴りを繰り出しても一向に離しません。

対鬼・唯一の武器である刀を折られればもはや炭治郎に勝ち目はありません。焦る炭治郎。

するとそこで、猗窩座の腕が何者かに切断され、炭治郎の刀が無事解放されます。

それは波のような斬撃。

そう、義勇が戻ってきたのです!!

義勇はとても怒っていました。何故なら―

「猛烈に背中が痛いからだ」

猗窩座の攻撃によって何枚もの壁を突き抜け遥か遠くまで飛ばされていきましたからね。いやそこにめちゃくちゃ怒ってるのジワジワきます。

静かに怒れる義勇、次回大暴れか?!

鬼滅の刃など漫画の最新刊を無料で今すぐ読む方法!!

漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

 

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読める!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

鬼滅の刃149話のネタバレ・感想

猗窩座の人間時代が気になりますね。

誰かと自分の強さを比べ、その劣等感を抱えていたためこのような強さになったようですが、猗窩座にもやはり辛い過去がありそうです。

そして始まりの呼吸である日の剣士。炭治郎のように左頭部から痣があり、同じ耳飾りをしていますね。

無惨の話を聞き当時の炎柱は自信を失ってしまったとのことですが、煉獄父も同じような感情だったのでしょうか。

それに加えて妻が亡くなり酒に溺れていた彼が、息子と炭治郎の姿勢から今再び使命に立ち向かっていると考えるとやはり応援したくなりますね。

鬼滅の刃150話の予想や考察

そしてそして!義勇が戻ってきましたが、次回はこのまま義勇の戦いでしょうか。

かなり遠方まで飛ばされていたようですので、途中で他の戦闘に遭遇したりまたは鳴女によって分断されたりと色々可能性はありましたが、無事炭治郎の元へ帰ってきましたね。

しかも背中の痛みにめちゃくちゃ怒っています(笑)

これが痣発現のきっかけになったらちょっと面白いですね。

義勇の戦いに期待しかないです!!

↓U-NEXT応募でドラクエのプレゼント !4月7日まで↓

無料で視聴してドラクエに応募できますよ♪
締切は4月7日までです

テキストのコピーはできません!