七つの大罪

304七つの大罪ネタバレ最新話あらすじと感想305考察!魔神王との戦い、決着!

この記事では2019年3月27日発売の週刊少年マガジン「七つの大罪」の最新話305のあらずじとネタバレ、感想や306話の考察をご紹介しています。

U-NEXTは登録後すぐ最新巻が1冊無料で読めます

前回までの七つの大罪のあらすじとネタバレはこちらです。

七つの大罪303-304ネタバレ最新話あらすじと感想~ゼルドリスの覚悟と想い

魔神王を裏切ったゼルドリスはバンと共闘して魔神王に立ち向かうが魔神王の攻撃を受けて倒れてしまう。

精神世界では仲間の思いを受けたメリオダスは魔神王を圧倒し、止めを刺そうとしていた。

この戦いの決着は如何に…!

Sponsored Link

七つの大罪305話最新話ネタバレとあらすじ

怒るバンと決着のメリオダス

「この…クソ野郎が!!!」

ゼルドリスを躊躇なく攻撃した魔神王に怒るバンは何様だと殴る。

魔神王は自分の血脈に弱者は不要だと言い放ってアッパーを叩き込み、バンは攻撃を喰らいながらも知るかと殴り返した。

現実世界によるダメージは精神世界にいる魔神王にもダメージを与えていた。

その様子を見たメリオダスは無数の闇の弾を自らの周囲に集める。

「オレの中から……消え失せやがれ!!!」

と魔神王に言い放って無数の闇の弾を一斉に放って魔神王に直撃させた。

そして精神世界で受けたダメージで苦しみの声を上げる魔神王にバンは蹴りを叩き込んだ。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

七つの大罪、総力戦

立ち上がった魔神王は闇のオーラを纏って滅茶苦茶に飛び回る。

何が起こっているか分からないバンの元に精神世界から帰還したマーリン達が近寄って来る。

マーリンは魔神王はメリオダス諸共あの世に行こうとしているから追い出すぞと告げる。

ホークもエリザベス達の元に行き、メリオダスに会えたかと聞くとエリザベスはええと答える。

逆にエリザベスはどうして一緒に来なかったのと聞いたらホークは気まずそうに顔を背ける。

滅茶苦茶に動き回る魔神王を止めるためにバンは魔神王が動くルートを先回りした。

「往生際が悪すぎんぞ!!」

と言って魔神王を止めると上空へと蹴り飛ばす。

すかさずエリザベスは聖柩(アーク)を繰り出す。

マーリンは完璧なる立方体(パーフェクト・キューブ)を発動させる。

キングは霊槍シャスティフォル・第八形態の花粒園(パレン・ガーデン)を発動させる。

そして3人の技が一つとなって聖なる牢獄・三層牢獄(トリプルプリズン)となって魔神王を閉じ込める。

牢獄内で苦しむ魔神王に対してディアンヌは武器を構える。

やがて牢獄は破壊され、魔神王は地面へと落下した立ち上がる。

“肉の目隠し(ミート・ダークネス)”

と魔神王の背後に回っていたホークは目隠しをするが魔神王の闇のオーラによってダメージを受ける。

そしてディアンヌは地面から金剛で出来たタワーを出現させて魔神王を持ち上げるとバンに全てを託した。

同時にバンは飛び上がって頂上で倒れている魔神王の元に追いつく。

「行くぜ団ちょ 戻ってこいよ~♬」

とバンは渾身の一撃を魔神王に叩き込んだ。



Sponsored Link


戦いの決着

一体どうなったのかとディアンヌ達は上空を見上げていた。

全てを察したかのようにエリザベスは涙を零しながらおかえりなさいと呟く。

「やれやれやーれ」

「…体中がボロッボロだぜ……」

と崩れかけたタワーの上で無事に現世に戻ってきたボロボロのメリオダスが呟くと。

「…こちとらガッタガタだっつの♬」

と同じくボロボロのバンが呟くのでした。

七つの大罪など漫画の最新刊を無料で今すぐ読めます!

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTなら登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間があるので無料!すぐに600Pもらえるので、そのポイントを使って無料で漫画を読むことができます!

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪



Sponsored Link


七つの大罪305話のネタバレと感想

これで長い長い聖戦が終わりましたね。

色々ありながらも最終的には七つの大罪の総力で魔神王を倒すという盛り上がる展開だったと思います。

一番大きかったのは煉獄から帰還したバンがボロボロになりながらも魔神王と渡り合えた事だと思います。

彼がいなかったら状況はかなり絶望的でしたね。

前にメリオダスが煉獄で自分を探しに来たバンに煉獄での経験が活かされると言っていました。

十戒相手に互角に戦えるくらいになってりゃいいかとバンは言ってましたが、まさかここまでとはとバン自身も思ってなかったでしょうね。

七つの大罪306話の予想や考察

まずは悲しい事ですがリュドシエルは消えてしまうでしょうね。

最後らへんで大分無理をしてしまいましたからね、後の事をマエルに託して消えるのではないかと思います。

ゼルドリスの方は生きていると思います。

そして魔界に戻ってゲルダの封印を解くんじゃないかと思います。

もう魔神王はいませんからね、2人で魔界を良いものにしていくでしょう。

メリオダスとエリザベスは互いにかけられている呪いを解くんでしょうね。

次回のタイトルは『永き旅の終着』ですし、魔神王を追い出したとはいえメリオダスの体に戒禁がありますからね。

呪いを解いたらどうなっちゃうんでしょうか…気になりますね。

テキストのコピーはできません!