ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイネタバレ最新202-203あらすじと考察~岩息とソフィア?!

尾形との再戦を目的に白石たちを襲ったヴァシリ。

そこへ恐怖の杉元が襲来します。

どこまでも追いかけてくる杉元の恐怖からヴァシリを救ったのは、持ち歩いていた尾形の似顔絵でした。

ゴールデンカムイ最新刊も含めて無料で何巻読めるか調査してみました!

【最新刊18巻】ゴールデンカムイ発売日と全巻無料で読む手順&アプリも調査した!「ゴールデンカムイ」は野田カムイ先生による、北海道・樺太を舞台にした“和風闇鍋ウエスタン”とも称されるほど見どころたっぷりの人気漫画。 ...

この記事では 2019 年6月20日発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」の最新話 第203話「似顔絵」のあらすじとネタバレ、感想や204話の考察をご紹介しています。

前回までのゴールデンカムイのあらすじとネタバレはこちら

ゴールデンカムイ202ネタバレ最新話203ジャンプ考察~恐怖!!襲い来る杉元杉元一行はようやく北海道へ帰るところ。樺太アイヌの集落で「お婆ちゃんの口噛み団子」をご馳走になりつつ豊原へ向かいます。 しかし道中...

ゴールデンカムイネタバレ最新202-203あらすじと考察~岩息とソフィア?!

杉元とヴァシリはお絵描きで互いの立場を理解します。

一件落着するも、杉元たちのソリについてくるヴァシリ。

一方ロシアのとある港町では、岩息とソフィアが拳で出会ったのでした。

 

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

理解する杉元

銃撃があった場所を馬橇が通ろうとします。

狙撃から逃れるため荷物に隠れている鯉登たちが、危険だとして止めようとしますが「兵隊さんたち何やってんだい?」と平然と通過していきます。

どうやら狙撃は無くなったよう。つまり杉元が狙撃手の元へ到着したということです。

アシリパは急いで杉元の元へ駆け出しました。

杉元はヴァシリと対話中。言葉が通じないので絵で説明しています。

何枚も尾形の絵を描いていますが、やっぱりヴァシリはめちゃくちゃ絵が上手い!

そこで杉元が思うことはやはり「尾形に頼まれて襲ってきたのか?こいつはどこにいる?」ということです。

そこでヴァシリは自分の絵を描き、それと尾形の絵を戦わせる様子を見せてから、撃たれたというジェスチャーをしました。杉元も納得したようです。

「なんだ尾形を探していたのか」と、ヴァシリが尾形の味方つまり自分たちの敵ではないことを理解する杉元。

eBookJapanは無料で読める漫画が沢山ありますよ!
ぜひチェックしてみてくださいね!

お絵描き大会

ヴァシリは引き続き白石とアシリパとキロランケの絵を描きます。

杉元は白石とアシリパの絵を尾形とキロランケの絵から離し「この二人は関係ない」と言い、「悪いのはこいつだ!」と尾形の絵を殴りつけました。

すると同じようにドンッと殴りつけるヴァシリ。杉元は「そうだいいぞ」と褒めてあげます。

杉元は「俺も尾形に撃たれたんだ」と、網走監獄での出来事を絵に描いて説明しようとします。

尾形に頭を撃たれた自分の絵を描くのですが、まあド下手クソ(笑)

その絵を使い尾形とキロランケのことを説明しようとしますが、ヴァシリには絵の杉元が蜘蛛にしか見えていません。

杉元は引き続き尾形の説明をします。アシリパの毒矢が尾形の目を射って、自分が目をえぐって助けて…という話です。

ヴァシリには言葉は通じていませんが、杉元は「尾形を助けたのはアシリパを尾形のしで汚したくないから。アシリパが見ている世界に自分もいると思うと何か綺麗なものになった気がして救われる」と自分の胸中を語りました。

そしてその杉元の言葉を、アシリパは聞いていました。

アシリパの後を追い、谷垣たちも到着します。そこで彼らが見たものは―杉元とヴァシリが仲良くお絵描きをしているところでした(笑)

music.jpなら登録後、漫画を2冊無料で読める!

ついてくるヴァシリ

ようやく月島訳が入ります。

月島はヴァシリに、キロランケはもう亡くなり尾形は行方不明なのだと説明し、我々は子供を取り返しに来ただけだと伝えました。

状況がわかり腹を立てているのは白石。「次に人を探す時は人の脚を撃ち抜く前に本人がいないか聞け!」と怒鳴ります。

謝罪の言葉はないのかという白石でしたが、どうやらヴァシリは尾形にやられた傷のせいでうまく話せなくなったようです。仕方なく「早くロシアに帰れバカアホ」と言い捨てソリに乗る白石。

ヴァシリとの件も解決し、一同は再び移動を開始します。

しかしなんとソリの後ろからヴァシリが馬に乗ってついてきていました。

まだキロランケたちの仲間だと疑ってるのかと訝しむ白石に対し、「あいつはもうキロランケニシパに興味がない」アシリパ。何故ならヴァシリの持っていた似顔絵が手配書の裏に書かれていたからです。

そうなると、杉元たちと一緒にいれば尾形に会えると思ってついて来ているのかもしれません。

「尾形はまた戻ってくると思うか?」ふとアシリパは杉元に問いました。

アシリパが金塊の暗号を解く鍵なら戻ってくる可能性はあると考えている杉元。しかし尾形は一度アシリパに銃を向けたのです。

「本当に金塊が欲しいのだろうか…」と疑問に思うアシリパに、「引っ掻き回して遊んでいるだけかもしれねえな」と杉元は言いました。

金塊についてすべての真相が聞けそうなのはソフィアです。

しかし月島たちはアシリパを連れて帰るのが最優先、谷垣もフチのためにアシリパを連れて帰るのが樺太まで来た目的でした。

つまり今はソフィア探しは後回しで、ひとまず北海道へ帰るしかありません。

キロランケとソフィアは大陸で仲間を集めたら日本へ渡る計画だったとアシリパ。「ソフィアはこのまま大陸に逃げるような人じゃない」と語ります。

最強の出会い

ロシアの日本海沿岸の港町にはこの人がいました。

岩息舞治!ここで再び登場です。

何やらここでも殴り合いをしているようですが、岩息が相変わらずの強さなため相手方の親分が出てきました。

「お前ら引っ込んでな」と出てきたのはなんとソフィア!岩息とソフィアが出会いました!

岩息は女性であるソフィアを止めますが、ソフィアは「優しい男は亡くなるから嫌いだ」と悲しそうに呟きます。

そして力強く岩息を殴りました!

1発2発と岩息に撃ち込まれる拳。岩息は目を輝かせました。

「世界は広い!」

手加減できないと打ち返す岩息。ソフィアは自分の服を破りその豊満な胸を顕わにして岩息を迎えうちます。どっちも強い!

それを止めたのはスヴェトラーナ。私の用心棒だからとソフィアに説明します。

岩息を気に入っソフィアは「私と一緒に来い」と岩息を勧誘。

岩息とスヴェトラーナはロシアの首都へ向かうつもりでした。ソフィアはというと―

「私たちの希望と復讐のために北海道へ」

ソフィアがいよいよ北海道へ乗り込むようです!まさかソフィアと岩息がタッグを組むことになるのか?!

 

ゴールデンカムイ・マンガの最新刊を無料で今すぐ読む方法!!

漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

600Pを使ってすぐにゴールデンカムイや他のマンガを無料で読むことができます!

 

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読める!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえて、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

ゴールデンカムイ203話のネタバレ・感想

ヴァシリが可愛すぎる!と思った方も多いでしょう。

ヴァシリの絵の上手さやリアクションに癒やされていたところ、岩息の再登場にソフィアとの接触と、今週も衝撃続きでした。

刺青が狙われるからという理由もあり西に向かおうとしていたわけですが、こう何度も登場するとやはりソフィアとともに北海道へ戻る気もします。

そうなればさらに面白くなりそうですが、でもスヴェトラーナは首都にいきたいのでどうなるのでしょう。

ゴールデンカムイ 204話の予想や考察

次回はそのまま杉元側やソフィア側が続くのかわかりませんね。そろそろ北海道側も気になるところです。

次回も衝撃展開はあるでしょう。楽しみですね。

テキストのコピーはできません!