ハイキュー

ハイキュー!!ネタバレ341-342最新話考察~ブロッカーたちは語る!!鴎台の脅威】

manga-saishinwa

初っ端に日向の素早い一撃で烏野が先制。次は対する星海の驚異的な跳躍で鴎台が点を獲り返し、最小スパイカー達がさっそく火花を散らします。

リードを掴みたい烏野ですが、早くも全国トップと言われる鴎台のブロックがその実力を示してきました。

鴎台ブロックの要“不動の昼神”注目選手です!!

ハイキューの最新巻を無料で読むのはこちら↓

ハイキューの最新刊を無料で読む

 

前回までのハイキューはこちらです

manga-saishinwa
ハイキューネタバレ340-341最新話あらすじと感想考察~星海の跳躍と不動の昼神!小さな巨人も見守る中、「小さな巨人決定戦」も含めた準々決勝の試合がいよいよ開始されました。 全国トップクラスのブロックを誇る鴎台に...

この記事では 2019 年3月11日発売の週刊少年ジャンプ「ハイキュー!!」の最新話 第341話「蔓(かずら)」のあらすじとネタバレ、感想や 342話の考察をご紹介しています。

ハイキュー!!第341話ネタバレ「蔓」のあらすじと感想

さっそく不動の昼神の強さが見られたところですが、月島や、観戦中の各ブロッカーたちは昼神だけではない鴎台ブロックの恐ろしさを分かっていました。

それは個人ではなく全体、組織としてのブロック。

徐々に伸びてくるその脅威に烏野が捕まるのはもうすぐ?!

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

ブロック論

烏野の試合が始まっていることに気付いたのは、梟谷の試合を大将と観戦していたミカちゃん。日向も面白いし、優勝候補の宮兄弟を倒し「ダークホース」って感じだとすっかり烏野を気に入っているようです。

しかし相手が鴎台と分かっている大将は「でもブロックが強いチームって強いんだよ」と言います。

“防御であると同時に攻撃でもある”それはブロック以外に無いのです。

そしてそれを開始早々見せつけた“不動の昼神”。

ちなみに菅原は“不動の昼神”という響きが気に入ったようです。

ネット観戦中の伊達工で「やりますねこの人」とネット観戦しながら感心しているのは、作並かな?それに対し不服そうな二口。

そして会場では山口が「でもツッキーも負けてねえ!」と言っています。

二口と月島、ブロッカーである彼らは同じことを語ります。

「どのチームにも凄いブロッカーはいるけど、個人はしょせん個人。たとえどんな優秀なブロッカーが一人いても訓練された“組織”には敵わない。」

↓ハイキュー最新巻を無料で読むのはこちら↓

ハイキューの最新刊を無料で読む

 

烏野の攻撃

鴎台のハイレベルなブロックに対しまず大前提なのが“サーブで崩されないこと”。

引き続き2回目となる星海のサーブに対し、大地は丁寧なレシーブで影山の元にボールを上げます。

さっそく烏野が出したのが『同時多発位置差攻撃』!!

リードブロックに対応するため、日向もテンポを変え紛れています。

その中でも「打つのはおれだ」という気迫で向かってくる日向に判断が遅れた鴎台は、影山が上げた逆サイドの田中のスパイクに間に合わず再び一点を返されます。

強烈な一本を叩き込んだ田中のプレーを滝ノ上電器店前で観戦中の日向のクラスメイト二人は「「…イメージ通りだな」」。普段からすごい怖がられてる(笑)

自慢気な表情を見せるのは姉・冴子。

宇内「…遺伝子ってすげえな」

と変に感心しつつ、初めて見る烏野の同時多発位置差攻撃に驚いています。

実況も大地のレシーブと影山のギリギリまで読ませない綺麗なセッティングを褒めます。

続けて「ユース代表候補ですでに百戦錬磨の風格」と紹介されている影山に対し、再び日向のクラスメイトたちは「あとでサイン貰おう」と言っています。難しいと思いますがね。

組織ブロック

次の田中のサーブはネットに阻まれます。

そして鴎台のサーブは1年MBの別所。田中の手元で伸びたボールはテンポを乱しますが、上がれば影山が待ち構えていますので「この程度じゃ乱したと言えない」とわかっている昼神。

視点は先ほどサーブを打った別所へ。

彼は日向のことをすごい嫌がっています。「コートに入ったばかりの俺をあの速い速攻でびっくりさせる気なんだろうな」と、かなりネガティブキャラのよう。

しかし「待て待て焦るな千源(かずよし・彼の下の名です)、飛びついたら相手の思うツボだぞ」と意外と冷静です。

そして予想通り日向に上がるボール。

日向を待ち受けるのは鴎台全体の蔓のようなブロック。

そう、個人はしょせん個人。“組織”でこそ最強だという話のブロックですが、鴎台のブロックがトップクラスであるのはまさに組織でのブロック。

“束(バンチ)・リード・ブロック”なのです!!

しかしギリギリブロックの手をかすめながらも一点をもぎ取る烏野。

「まあまだ序盤ですし」と冷静な別所は内心「日向翔陽とマッチアップ少なくて良かった」とも思っています。

「一発目で変態速攻にブロック3枚ついてきてたのは鴎台にとって特別な事じゃない」と黒尾はサラリとその凄さを語ります。

その恐ろしさを語る人物はもう一人いました。月島です。

彼は山口に、「鴎台のブロックは全員が伊達工の青根さんだと思った方がいい」と鴎台ブロックの強さをわかりやすく表現します。

聞いていた菅原は「その例えは旭には黙っておこう」と心の中で誓いました。

ハイキューなど漫画の最新刊を無料で今すぐ読む方法

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間がありすぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

ハイキュー!! 341話のネタバレ・感想

前回昼神の恐ろしさを全面に感じさせられましたが、今回はその昼神があくまでも組織の中の個人であるとわかり、かねてより言われていた鴎台のブロックの脅威の本質がすごく伝わりましたね。

そして鴎台の別所のキャラがジワジワきます。

ハイキュー!! 342話の予想や考察

タイトル通りの「蔓」のようなブロック網が徐々に伸びて来ているようですので、烏野が捕まるのは時間の問題のような気がしますね。

今のところすり抜けてはいますが、最後の日向の一撃でもすでに指をかすめていますのでこれから苦しめられそうです。

小さな巨人決定戦がかかっているので日向と影山の試行錯誤も楽しみですが、個人的にはやはり旭にぶち抜くところが見たいなと思っています。

テキストのコピーはできません!