五等分の花嫁

五等分の花嫁ネタバレ76-77最新話あらすじと感想~中野姉妹の思惑!

この記事では2019年3月13日発売の週刊少年マガジン「五等分の花嫁」の最新話77のあらずじとネタバレ、感想や78話の考察をご紹介しています。

前回までの五等分の花嫁ネタバレとあらすじはこちらです

五等分の花嫁ネタバレ74-75最新話あらすじと感想!一花の風太郎への想い一花達の赤点回避と自身の全国模試10位以内に入る事を宣言した風太郎は勉強に励んでいた。 そんな中、風太郎への思いを強くしていた一花...

 

遂に全国模試が始まるも途中で風太郎は体調が悪くなってしまい、トイレへと向かう。

そして武田がトイレにやって来ると理事長である父親から貰った模試の答案用紙が入った封筒を見せる。

しかし、封筒を破り捨てると自身の夢を語り、改めて風太郎に宣戦布告した。

やがて模試の結果が届き、一花達は前年よりも成績を上げ、風太郎は全国3位という結果となった。

そして一花達に遅めの誕生日プレゼントを貰った風太郎。

模試が終わった風太郎に今度は何が待ち構えているのか…?

Sponsored Link

五等分の花嫁77話最新話ネタバレあらすじと感想!

改めての依頼

模試が終わってから数日後、風太郎と武田はブランコに乗りながら今回の模試について話していた。

武田は勝つつもりでいたが、その上をいった風太郎を賞賛した。

「なぜ俺はこんな昼間からお前とブランコを漕いでいるんだ」

と風太郎が言うと武田は昨日の敵は今日の友と、これが青春かもしれないねと答える。

やがて公園に車がやって来て中野父が降りると2人と共にベンチに座った。

中野父は武田に今回の模試について賛辞を送り、医師を目指していると聞いて自分の病院にと誘う。

しかし武田は光栄な話だと思いますがと言い、進路について少し考えたいと答えた。

中野父は武田に良い返事を期待しているよと言うと風太郎には再度家庭教師の仕事を頼みたいと言う。

君に依頼するのは不本意と言いながらやるかいと問うが風太郎は勿論と即答した。

どの道言われなくてもやるつもりでいて、給料が貰えるなら願ったり叶ったりだとの事。

当初の予定通り卒業までと中野父が言ったところで風太郎が一つ伝えたいことがありますと中野父の言葉を遮るように言う。

まず成績だけなら卒業までいける力を身に着けていると。

そして五月と武田の話を聞いて卒業してからの五月達の夢を見つけたいと言う。

話を聞いた中野父は随分な変わりようだと言いながらどのような方針を取ろうが自由だ、間違っているとも思わないと肯定的に取るも。

「だが忘れないでほしい」

「君はあくまで家庭教師 娘たちには紳士的に接してくれると信じているよ」

と威圧的に言い、風太郎は慌てながら勿論一線を引いていますとはっきり言う。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

賑やかと暴露

そして中野父の車で五月達が住んでいるアパートへとやって来ると五月と会う。

五月は風太郎が父親の車に乗ってきた事に驚いていた。

風太郎は家庭教師に復帰できたことを伝えると五月の表情は明るくなり、おめでとうと言おうとした時、風太郎は避けるように階段を上る。

理由は先程中野父に念押しされたので距離感を考え直そうとしており、五月に関しては心配するだけ無駄な気もするがと思っていた。

そんな姿に五月は怪しいと思っていた。

そして住んでいる部屋のドアを開けると一花、二乃、四葉が出迎える。

部屋の中に入ると荷物が散乱していて、四葉曰く生活が落ち着いていたから大掃除をしているとの事。

「試験の反省会をする予定じゃ…」

と呟く風太郎に二乃は誕生日プレゼントで上げたアロマ使ったと聞いてくる。

風太郎は使った体で答えるが絶対分からなかったでしょとバレる。

今度は一花が聞いてきて、風太郎はあれで買い物しろってことかと聞いてきたのでうんと頷いた。

「あれでらいはちゃんの好きなもの買ってあげたら喜んでくれるんじゃないかなー」

と言うと風太郎はマジで助かると言って一花に礼を言う。

笑みをこぼす一花に二乃はその手があったかと悔しがる。

次に四葉が贈り物はどうでしたと聞いてきたので答えようとした。

しかし、中野父が言っていた事を思い出したかのように勉強も出来なそうだしと理由をつけて帰る。

「隠し事の臭いがします」

と五月が追ってきて問い詰めるが風太郎は誤魔化す。

ならばあなたの隠し事を話してくれたら私も一つお話ししましょうと提案してくる。

「もう黙っていられないのです こうでもしないと言えません…」

とまで言うと風太郎は引くなよと念押しして。

「モテ期が来た」

と言うと予想通り五月は引いていて、更に風太郎は相手は二乃と一花だと伝える。

話を聞いていた五月は驚きながら三玖じゃないのですかと聞くとあいつじゃねーよと返した。

更に三玖と四葉は応援するとか言いやがると言って、俺にどうしろと言うんだと悩みこむ。

風太郎の話を聞いて疑問を抱く五月にそれ相応のものを早くよこせと迫る風太郎。

五月は私はもう一つの顔があると言い、誰にも明かせない秘密を話そうとした時に四葉が出てくる。

一花が押し入れのダンボールが誰のかを聞くために五月を探しに行こうとしていたのだ。

四葉が話し中だったと言うと風太郎は五月が今恥ずかしい秘密を言うところだと言った矢先、五月がまたの機会にと部屋へと行ってしまう。

俺は言ったのにフェアじゃねぇと風太郎が言うも空しいだけだった。

四葉は申し訳なさそうにしており、風太郎は大概予想はつくがなと言いつつ四葉に「M・A・Y」について聞く。



Sponsored Link


姉妹の思惑

そして風太郎が去った後、アルバイトから帰ってきた三玖を四葉が出迎える。

五月の事を話そうとした四葉だったが三玖が私の作ったパン食べてと言う言葉に絶句した。

室内では一花が五月にこの箱見覚えあると聞くと五月は私のですと言い、もう着ないだろう服を入れておいたと答える。

一花はいらないものは捨てなよと言いつつ、私が言えたことじゃないかと苦笑い気味に言う。

そして五月が箱を持っていく際に写真を落としたので一花はそれを拾うと同時に見る。

二乃はキッチンで風太郎を振り向かせる最大のチャンスである修学旅行を心待ちにしていた。

帰り道で風太郎はまたあそこに行くのかと心の中で思っていた。

そして三玖が作ったパンを食べた四葉は美味しいと答え、三玖はずっと特訓してたと答える。

「もう少し早ければなーここに上杉さんがいたのに」

と四葉が言うと三玖はフータローにはとっておきの舞台で食べてもらうと答えた。

そして一花は五月が落とした写真を見ていると何かを察した。

その五月は帽子や靴等を眺めながらなんて説明したらと困った表情をしながら呟く。

二乃は修学旅行のしおりを見ながら決着を着けてやるわと呟くのだった。

五等分の花嫁など漫画の最新刊を無料で今すぐ読む

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間がありすぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

五等分の花嫁の最新刊を1冊無料で読む

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

五等分の花嫁77話のネタバレと感想

取りあえず風太郎が家庭教師を続けられるようで良かったです。

五月もそれを聞いて喜んでいる表情をしていましたし、最初の頃とは全然違う感じですね。

それにしても五月の秘密が気になりますね、過去に関係がある感じがしますね。

五等分の花嫁78話の予想や考察

ここからは修学旅行の話になって来ると思います。

その中で五月の秘密が明らかになって来るのではないかと思います。

そして一花、二乃、三玖も風太郎を巡ってヒートアップすると思います。

以上が五等分の花嫁77話のネタバレ・感想でした。

テキストのコピーはできません!