ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ193ネタバレ最新話あらすじ感想と194考察~都丹ピンチ!

manga-saishinwa

菊田に続き、有古という新キャラが登場。

刺青を巡り第七師団内も一枚岩ではない様子。

さらに彼ら第七師団を都丹が按摩さんとして探っているという混戦ぶり。

一方ニヴフの村で体を休ませる軍人たち。

岩息とスヴェトラーナは新たな大冒険へ。

アシリパと杉元は相棒契約を更新しました!!

※登録後1冊無料で読めます

前回までのゴールデンカムイのあらすじとネタバレはこちら

manga-saishinwa
ゴールデンカムイネタバレ192-193最新話あらすじ感想と考察~アイヌ軍人有古登場!キロランケの長い旅は終わり、彼は故郷の水で出来た氷の中、ソフィアに見送られ安らかに眠りました。 アシリパと合流した杉元たちはようや...

 

この記事では 2019 年3月14日発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」の最新話 第193話「登別温泉」のあらすじとネタバレ、感想や 194話の考察をご紹介しています。

ゴールデンカムイ193ネタバレ「登別温泉」のあらすじと感想

樺太側のメンバーはシリアスから一転、いつもの風景が戻ってきました。

登別側は刺青や鶴見を巡り腹の探り合いです。

そして都丹がピンチ?!

 

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

久々にホッコリ

今日はニヴフに伝わる「ばけもの川」というお話からです。

『ある日ばけもの川で魚を獲って焼いていた男の元に、遠くから人の声と足音が近づいてきました。

だから男は服を脱ぎました。』

「なんでだよ」と杉元がツッコみます。

『男は焚き火の炭でお尻に大きな目玉を描き、化け物の来る方へお尻を向けて見ていました。』

「近所の人だったらどうするんだよ」と杉元。

『化け物が来るとその大きな目を怖がって逃げていき、そうしてその川に化け物が来なくなりました。』という話。

チカパシは怖がっています。白石はオシッコへ行きました。

杉元は、この話に教訓があるとすれば何だろうとアシリパに意見を求めました。

アシリパの考えはこう。

「悪いことをするやつは、自分を見られるのが怖い」

さすがの了見です。

するとアシリパは杉元に「お尻を出せ」と催促します。

もちろんトイレに行った白石を驚かすために、今の話のようにお尻に大きな目玉を描いておくのです。

準備完了した杉元は股の間から出入り口を覗き白石を待ちます。

そして戻ってきた白石はー

なんと同じ格好(笑)

一連のおふざけを終始真顔で見ている軍人たちが面白すぎます。

腹の探り合い

場面は変わり登別温泉。

二階堂は菊田と打たせ湯でキャッキャしています。

そこへ菊田はさらに踏み込んだ質問をしました。

「網走監獄を脱獄した囚人に彫られている刺青はどんな模様なのか教えろ」と。

しかし二階堂は「見たことない」と答えます。

やはり情報を得られなかった菊田はその後有古に、他にも見た者がいないか自分の村で聞いてくるように伝えます。

「鶴見中尉殿とまたお供するには何か手土産が欲しいところ」だと言っている菊田。やはり鶴見信者なのでしょうか。

そこへ通りかかった眼帯の軍人は「あの女綺麗だったな」と言っています。

一方宇佐美はマッサージ中。

二階堂に「鶴見中尉はもう網走を離れるから別の場所で合流だ」と伝えています。

インカラマッと家永については「知ったこっちゃない」とのこと。

責められる都丹

宇佐美を揉んでいた按摩さんもまた都丹の仲間でした。

宇佐美たちの情報を共有しつつ話し合いをしているのは都丹含めて3人。

都丹たちは按摩さんとして軍人に近づきながら情報収集をしているようで、鶴見と一緒にいた宇佐美たちを貴重な情報源だと言っています。

刺青の情報を探っている菊田と有古に関しては、自分たちの正体に辿り着く前に消すべきだと提案。

それに対し都丹は、冬は雪明かりもあるし次の新月まで待った方が良いと言いますが、「グズグズして自分たちがここにいられなくなれば土方に情報を渡せなくなる」として、あの兵士(有古)に見られたあんたの落ち度だと言われてしまいます。

考え込む都丹。

都丹の罠、菊田の作戦

有古が都丹を見た温泉は、登別温泉のさらに山奥。現在の「カルスス温泉」のことで、地元のアイヌは「ペンケユ」と呼んだそうです。

有古は菊田の指示通り、村で情報収集していました。

「最近ペンケユで変な模様の服を来た男を見た者はいないか」と。

返ってきた答えに有古は驚きました。

「あれは服の模様ではなく刺青だ」

 

一方菊田はそのペンケユに来ていました。噂の男が現れるかもしれないからです。

そして今まさにそれらしい男の後ろ姿を発見しました。

話とは違い明かりを点けていますが、菊田は「こいつで間違いない」と考え、その男に銃を向け「ゆっくり上着を脱いで見せろ」と伝えます。

すると男(無論都丹です)は突然明かりを消し、すかさず発砲しました。

しかしそれを避ける菊田。

都丹は相手が暗闇に目が慣れないよう明かりをつけておきそれを消して攻撃したわけですが、菊田はまるで見えているかのように避けたのです。

何故なら菊田は予め眼帯を着用して、片目を暗闇に慣れさせていたのです。

駆けつけた都丹の仲間もしっかり見えており、両手に持つ拳銃を向けています。

どうなる都丹!!

次回はいよいよ第七師団vs土方一味?!

ゴールデンカムイ・マンガの最新刊を無料で今すぐ読む方法!!

漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

600Pを使ってすぐにゴールデンカムイや他のマンガを無料で読むことができます!

 

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読める!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

ゴールデンカムイ193話のネタバレ・感想

とりあえず杉元・アシリパ・白石のバカバカしい絡みがまた見られてようやく安心出来ました。

そしてそれを見る軍人たちが面白くて、本当に先日までの緊張感があっという間に吹き飛びました。

長い間こんなキャッキャウフフを皆待っていましたよね。

今週はその安堵感でいっぱいです。

ゴールデンカムイ 194話の予想や考察

ちょっと菊田たちの立ち位置がまだよくわかりませんね。

宇佐美たちとは違うとわかりますが、結局鶴見派なのでしょうか?

その辺にも注目しつつ、都丹さんの無事も祈っていたいです。

そろそろ鶴見や土方も登場するでしょうか?!

楽しみです。

テキストのコピーはできません!