漫画を全巻無料で読む

鈍色の箱の中で全巻無料で漫画を読む方法!1巻前編~後半の感想!

mangamuranokawari

この記事ではLINEマンガオリジナル作品「鈍色(にびいろ)の箱の中で」の第1巻前編第0話~第4話までのあらすじとネタバレ、感想をご紹介しています。

続きの後編はこちらにまとめていますので、よろしければ合わせてご覧ください。

manga-saishinwa
鈍色の箱の中で最終回まで感想とあらすじネタバレ!主人公や相関図は?この記事では前回の記事の続き、LINEマンガオリジナル作品「鈍色(にびいろ)の箱の中で」の後半のあらすじとネタバレをご紹介しています。 ...

また、全巻無料で読む方法手順もご紹介しています。

186世帯が暮らす、分譲マンション。そこには、同じ年代の子どもを持つ、同じような家庭があふれていました。

暮らし始めて12年。居住者同士の関係は良くも悪くも複雑化していました。そこで暮らす子どもたちも高校生になり、子どもたちの関係も複雑化しているようで。

白ではなく黒でもない鈍色(濃いねずみ色)の世界。分譲マンションという鈍色の箱に囚われた子どもたちの物語です。

鈍色の箱の中で感想ネタバレ!無料で全巻読む方法は?1巻前編~高校生の偏愛的な日常

「鈍色の箱の中で」は全4巻発売されています。

結論から申しますと以下のサービスで、「鈍色の箱の中で」を全巻無料で読むことができました!

サービス名 利用料金 会員登録特典 特典
eBookJapan 登録無料 50%Offクーポンがもらえる(割引上限額500円) 無料漫画の品揃えやキャンペーンが豊富
music.jp 30日間無料 961ポイントもらえる
2巻無料で読めます!!
動画ポイント1500P付与
FOD 1ヶ月無料 1300ポイントもらえる
2巻無料で読めます!!
動画雑誌見放題

 

上記のサービスのお試し期間を使うと、「鈍色の箱の中で」を4巻全巻無料で読むことができました!

※eBookJapanで半額で読むことも可能です。

まずFODは2冊分無料で読めて、3巻目は80円出すと読むことができます!

FODでは登録後1ヶ月無料で使えて合計1300ポイント付与されます。

「鈍色の箱の中で」は460Pです。

3巻目は80円支払えば読めますが、なんとFODは購入金額の20%がポイント還元されるのです!そのため次回も非常にお安く漫画を読むことができますよ♪

music.jpで2巻分無料で読めます♪

 

早く全巻お安く読みたい!という方へ・・・

eBookJapanで鈍色の箱の中でを半額で読むことができます!!

YahooIDで登録すると半額になるので、是非一度サイトをご確認くださいね!

半額キャンペーンだけ使って読んでから解約しても全く問題ありません。

※搭載している情報は2019年6月のものです。詳細はサイトでご確認ください。

それでは1巻前編~後半のあらすじとネタバレ感想をご紹介します!

鈍色の箱の中で1巻前編~後半のあらすじとネタバレ感想

近くにいるのに壁を感じる、筧美羽の場合

活発で明るく、周りの人が気付かないようなことにも敏感に気付く子どもだった、筧美羽(かけいみわ)。

ある日、隣の部屋に引っ越してきた同い年の辻内基秋(つじうちもとあき)。木の絵の話をしたことをきっかけに、美羽にとってなんだか気になる存在になった基秋。

いろいろな遊びに誘ってみますが、なんだかいつも上の空の基秋に自分のことを見てほしくて、おままごとの途中で突然キスをすると、いつも上の空だった基秋が美羽のことを見たのです。

一度振り向いてもらえたことがとてもうれしくて、一緒に遊んで一緒に学校へ行って、心がいつもワクワクしていた美羽でしたが、中学生になったころには、同じ学校でもクラスや部活がバラバラになって、基秋とも次第に顔を合わせることがなくなっていました。

中学生になった美羽は、学校で人気のバスケ部の先輩に告白され付き合うことになります。

学校からの帰り道、別れ際にふいに先輩からキスをされるのですが、それがどうしようもなく気持ち悪いと感じてしまった美羽。小さいころに基秋としたキスを思い出し、どうしようもなく外に飛び出した美羽は、そこにタイミングよく現れた基秋に抱きつきキスをし、小さいころと同じようにキスをしようと約束をするのです。

それから毎晩、マンションで隠れてキスをするのが習慣になるのですが、それでも基秋は小さいころと同じようにどこか上の空で、基秋の心の中に美羽はいなくて、近くにいるのに壁を感じていて、それが分かっていても離れられない、美和の心は分譲マンションに囚われているのでした。

追いつきたい、届かない、辻内基秋の場合

おばあちゃんと一緒に絵を描くのが好きだった基秋。おばあちゃんと離れて暮らすマンションは、5歳の基秋にとって冷たくて暗いねずみ色の世界でした。

ある日、マンションの集会室から聞こえてきた音楽に誘われて、窓のカーテンの隙間から中を覗くと眼鏡をかけたお姉さんがバイオリンを弾いていたのでした。

そのバイオリンが心地よくて、窓の外で寝てしまった基秋。のちに「お父さん 土曜モトアキ置き去り事件」と呼ばれるこの出来事をきっかけに、毎週土曜日はバイオリンのお姉さんと過ごすようになり、ねずみ色だった世界が毎週土曜日は少しだけ色付いて見えるようになったのでした。

バイオリンを弾いているお姉さんの絵をプレゼントしたお礼にもらったお姉さんの大好きな曲が入っているCDを聞くのが基秋の習慣になり、中学生になってもそれは変わりません。

いつの間にか、会わなくなってしまったお姉さんが夢の中の出来事のように感じ始めていたころ、妊娠をして里帰りしているというお姉さんと偶然再会するのです。

いつも子ども扱いするお姉さんに男として見てもらうために、身長も伸びて声変わりもして少しは追いついてきていると思っていたのに、お姉さんはすでに結婚して子どもまでいて、ずっと追いつけないのだと悟り、ずっとキスを続けてきていた美羽と付き合うことを決めるのでした。

鈍色の箱の中で1巻前編の感想と予告

幼い頃からずっと隣の家で育ってきた美羽と基秋。漫画やドラマでよくあるシチュエーションだと、ずっと仲が良くてずっと一緒にいて家族みたいに育って、大人になっても当たり前のように結婚して変わらず一緒にいます!みたいな話が多いような気がしますが、この話では近くにいるからこそはっきりと感じてしまう心の壁や年齢の差のせいで一人の人として見てもらえないもどかしさやくやしさが伝わってきて、ずっとモヤモヤしてしまいます。

美羽も基秋も片思いで、いつか本当に好きな人ができた時のためにと始めた、毎晩のキスでしたが、二人ともつらくなるだけじゃないかと思ったりしてしまいました。

基秋が付き合おうと言ったことで、美羽はとても嬉しそうでしたが、このまま基秋と美羽はうまくいくのでしょうか。勢いに任せて、やけになってした決断に思えてしまいます。

でも、それも思春期あるあるでしょうか。今後の美羽と基秋の関係から目が離せません!

引き続き、1巻後編もご覧いただけるとうれしいです。後編は、同年代の他の子どもたち、「高島あおい」と「真田・利津・アロワ」の物語です。

「鈍色の箱の中で」1巻後編へ

テキストのコピーはできません!