ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ184ネタバレあらすじ185最新話考察~イヌで来た!相棒との再会!

オオカミに憧れた父、オオカミに追いつこうとした父の大事な言葉を思い出し、金塊争奪戦においてさらに重要な鍵となったアシリパ。

しかしアシリパが何かを思い出したことに気づいたのは今はあの男ひとりだけ。

アシリパの運命、アシリパを巡る動きは一体どうなっていくのでしょうか?!

前回までのゴールデンカムイのあらすじとネタバレはこちらです。

183ゴールデンカムイ ネタバレ最新話あらすじ184考察~ウイルクの生き様!ソフィアの話から、自分の知らなかった父のことを知るアシリパ。 様々な思いを抱きながらアシリパは改めて父との思い出を振り返ります。 ...
ゴールデンカムイ ネタバレ182-183最新話あらすじ考察~谷垣にトラも驚く!ソファアとの合流に成功したアシリパたち。 再会早々キロランケをビンタしたソファアの胸中は?! 杉元たちは追いつくのか?! ...

この記事では 2018 年12月20日発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」の最新話 第184話「流氷原」 のあらすじとネタバレ、感想や 185話の考察をご紹介しています。

ゴールデンカムイ185話「流氷原」のあらすじとネタバレ!

アシリパが近いと分かった杉元は、月島・谷垣を振り切り流氷原を走る!!

一方アシリパは、父の言葉を思い出し、今まで思い出せなかったことに涙する。

そしてアシリパが何か気付いたことに気付く尾形!!

白石危機一髪で杉元登場!!

今回は一段と動きの激しい内容です。

すぐそこに

亜港監獄に到着した杉元たちの動向です。

アシリパたちの足取りを間近に感じていましたが、リュウが向かおうとしているのは流氷原です。

犬ぞりで流氷原を進むのは困難、天候も悪くなりそうだから危険だと月島・谷垣が止めようとしても、アシリパが近くにいることを感じた杉元はその足を止めることは出来ません。

リュウもビンビン反応していて、早く散歩に行きたくて仕方ない犬状態で紐を引っ張ります。

「今なら追いつける!!」逸る杉元はリュウが繋がれていた紐を切って、リュウと共に駆け出します。

谷垣「ちょ待てよ杉元!!」

 

【アシリパの涙】

一方アシリパ側。

アシリパは前回、父の名の由来の話から、父の言っていたことを思い出しました。

アシリパの頭の中で繋がっていく父の言葉と金塊の暗号。

狼を表す父の名。狼のレタラを見て思い出せたはずなのに、何でこんな重要なことを忘れてしまっていたのだろうとアシリパは自らを不思議に思います。アチャがあんなに忘れるなと真剣に言ったのに。

そうか…。アシリパは気づきます。

アシリパがその名前を教えてもらった後にウイルクはいなくなって、レタラもいなくなりました。

大切な家族が自分の元を去った寂しさ、孤独を出来るだけ考えないよう、その話ごと頭の隅に追いやっていたんだと気づきます。

2人がいなくなった後の寂しさを思い出したのか、自分の寂しさで勝手に父の大事な言葉を忘れてしまっていたことを後悔しているのか、それとも杉元といる間に思い出せなかったことを悔やんでいるのか。

アシリパの目には涙が溢れてきました。

はぐれる白石

涙を拭うアシリパを、キロランケたちから隠す尾形。誤魔化すように、風が出てきたとキロランケに先を急がせます。

遠くにいた白石が何をやっていたかと思えば、用を足そうとしていたようです。何やってんだよ。

しかし突然、その白石の足元で流氷が割れ始めました。

あっという間に亀裂が入った流氷は、海水の動きでどんどん広がっていきます。

キロランケは白石に「間違っても海に落ちるなよ!!」と念を押し、フラグを立てます。

流氷割れで白石のみ裂け目のこちら側ではぐれてしまった状態。

キロランケは向かう先、西で合流しようと言いますが、白石は先より後方の方が氷が繋がっていそうと判断し、渡れそうな場所まで一旦戻る選択をします。

「気をつけろ!!1人で落ちたら助からないぞ!!」とアシリパもフラグを。

そうしてアシリパ・尾形・キロランケ・ソフィアと白石は一度別行動となりました。

気づいた男

別行動とは言え、雪も風も強くなり、4人も一時避難せざるを得ない状況。

キロランケが氷を積んで風除けを作り、アシリパが暖を取るために流木を燃やそうと言い、そこへ尾形が「流木がないか探してこよう」とアシリパに声をかけ、2人で流氷探しに出ます。

さっそく流木を見つけたアシリパは尾形に報告しますが、それに対する尾形の返答は全く違うものでした。

「アシリパおまえ…さっき、とても重要なことを思い出したな」

アシリパの背後にひんやりとした視線で立っています。怖い怖い!!

やはり尾形は気づいていました。

お守りは偉大

その頃の白石はひとり駆け戻る道中、注意された通り流氷に落ちそうになっていました。

流氷が斜めになっていき、白石はすぐに手袋を取って氷に爪を立てますが、全く通用せず体は滑り落ちていきます。

焦る白石。さすがの白石でもここで落ちれば命はありません。

しかしその窮地の中、ふと首元にさげていたあのお守りが出てきました。

咄嗟の機転でお守りを氷に突き刺すと、見事体を止めることが出来ました!!よかった白石!!

しかし落ち着いたのも束の間、その小さなお守りはすぐにボギャっと折れてしまいます。

白石は占いを思い出しました。ここで消えるのか?!という絶望の表情の白石は「うわあああぁ」という叫びと共に無情にも滑り落ちていきます。

こんな真剣に焦る白石の顔初めて見たかもしれないです。白石いなくなったら嫌だ!!

やっと逢えたね☆

白石最大のピンチ!!しかし思わぬ救いの手が差し出されました。

ガシィッ!!

落ちゆく白石の手を強く掴んだのは…杉元です!!

驚いて声が出ない白石に、嬉しそうに優しい目で声をかけます。

「よォ!!白石由竹、また会ったな」

無事救出された白石はすぐさま「杉元佐一!!」と名前を呼びながら杉元に抱きつきます。

勢いで後ろに倒れ込む杉元。気にせず上に乗ったまま「んも~!!マジでふじ身かよおめぇ~」と大泣きする白石。

九死に一生を得た喜びと、杉元が生きていて再び会えた喜びで夢中で泣く白石の、大量の涙と鼻水と唾が杉元に降り注いだ、感動の再会でした。

ゴールデンカムイ184話のネタバレ・感想

今週は扉絵からアシリパの涙から尾形のホラーから感動の再会で、もう気持ちがあっちこっち振られっぱなしで忙しかったですね。

杉元と白石の再会が本当に良かったです。この2人はやはり相棒感がありますよね。

白石は網走監獄後からずっと不安だったと思うんです。

キロランケのヤバさとかだんだん知りつつ、得体の知れない尾形もいて、杉元の代わりにアシリパを守らなければ、とかずっと気を張っていたと思います。

意外と色々考えている男ですから。

だから杉元の顔を見て本当に安心したと思います。我々読者も安心しましたよね!!

何度読んでも、2人の表情に感動してしまいます。

ゴールデンカムイ 185話の予想や考察

白石が戻る選択をしたことによって、追ってきていた杉元がついに合流しました。

アシリパたちとはそこまで離れていないでしょうから恐らくすぐに合流を目指すかと思いますが、アシリパと会うのはまだ先になりそうな気がします。

尾形がアシリパを連れていってしまいそうな感じですもんね。

私は尾形を信じてますし(関係ない)、アシリパは賢いので、悪い展開にはならないとは思っていますが…。

とりあえずこのまま杉元が流氷上で接近すれば尾形に撃たれてしまうと思うのでちょっと一旦落ち着いていただきたい。

杉元とはぐれた月島側にも何か新たな展開があるかもしれませんし、次が待てませんね!!

テキストのコピーはできません!