七つの大罪

七つの大罪ネタバレ301-302最新話あらすじと感想!メリオダス&バンと魔神王の戦い

manga-saishinwa

この記事では2019年3月6日発売の週刊少年マガジン「七つの大罪」の最新話302のあらずじとネタバレ、感想や303話の考察をご紹介しています。

U-NEXTなら登録後すぐに漫画の最新刊を無料で読めます

無事に合流してきたバンはたった1人で魔神王相手に互角以上の戦いを繰り広げる。

精神世界でも煉獄から帰還したメリオダスが魔神王相手に戦っていた。

前回までの七つの大罪はこちら

manga-saishinwa
七つの大罪ネタバレ300-301最新話あらすじと感想~バン&メリオダスVS魔神王この記事では2019年2月20日発売の週刊少年マガジン「七つの大罪」の最新話301のあらずじとネタバレ、感想や302話の考察をご紹介して...

息つかせぬこの戦い…一体どんな展開を見せるのか!

七つの大罪 302話最新話ネタバレとあらすじ

対峙

魔神王と互角に戦うバンの姿にエスカノールは驚きを露わにする。

マーリンはメリオダスが内側で戦っている事を察し、流石は諦めの悪い男だなと呟く。

ホークは豚魔神王なんざミンチにしてこねたれと言うがディアンヌがあれは団長の体何だよと突っ込む。

キングとゴウセルは別人なまでに力をつけたバンに感心しており、エリザベスは2人の身を案じる。

「…やはり貴様らは煉獄で始末しておくべきだった」

と魔神王はバンと内側にいるメリオダスに告げる。

そして内側と外側でそれぞれ戦い始める。

七つの大罪最新刊を無料で読む

メリオダス対魔神王

内側では魔神王が大剣を振るうがメリオダスは攻撃を軽々と避けていく。

そして左手に闇を集めて闇の大剣を作り出して魔神王の攻撃を弾く。

驚愕する魔神王にメリオダスは諦めてここから出ていくんだなと言い、煉獄にいる本体(かたわれ)が寂しがってるぜと言った。

魔神王は魔神王の力に覚醒した今、現世(このよ)には一日と留まれんのだぞとメリオダスの動揺を誘う。

「…それで十分さ…エリザベスの呪いを解き〈七つの大罪〉に別れを告げる時間さえあればな」

とメリオダスは動揺する素振りなく言う。

「さあ決着(ケリ)をつけようぜ!とっととあいつを捜しに行かなきゃならねえ」

と言って魔神王に突撃していき、闇の大剣を振るって魔神王の角を斬り落とした。

「…くっくっ捜しに行く必要はない」

と先程のメリオダスの言葉を聞いた魔神王はこう言うとメリオダスの動きが止まる。

「エリザベスなら始末したわ」

「我が呪いを解いた上でな」

と告げるとメリオダスは驚いた表情になる。

魔神王はメリオダスが外の状況は見えてないと確信したのか、戻ったところで二度と愛する者を抱くことは出来んのだと告げる。

メリオダスはデタラメを言うなと反論するが魔神王は現実を受け止められんかと言う。

それを聞いたメリオダスの脳裏にエリザベスの姿が浮かび、戦意を失ってしまう。

この様子に魔神王は大剣を振るってメリオダスを何度も斬りつける。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

バン対魔神王

魔神王は金色の手を何度も振るっていくがバンは軽々と避けていく。

そして背後に回って強烈な蹴りを後頭部に叩き込んで吹っ飛ばし、地面に叩きつけた。

魔神王はすぐに立ち上がって金色の手を伸ばすがバンは回避して連続で蹴りを叩き込んでいく。

だが魔神王はバンに頭突きを喰らわせて仰け反らせるもバンはすぐに体勢を立て直す。

そして魔神王の顔を右手で掴むと思いっきり地面に叩きつけた。

それによって周囲の地面にひびが入る。

「どーした魔神王♬」

「息子の体は使い勝手が悪ィか?それとも息子に拒絶されたか?」

と言い、続けて言っとくが本物のあいつはこんな強さ(モン)じゃねぇぞと言う。

その時、魔神王の目がカッと見開いて無数の金色の手を操ってバンを捕らえる。

合流

そして手刀の一撃をバンの腹部に喰らわせ、攻撃が当たった箇所から血が流れる。

「…調子に乗るな!!」

と魔神王が言う。

バンが押され始め、魔神王の力が増大したことにキング達は驚愕する。

「メリオダス…ダメ!!あなたの手でバン様を傷つけさせないで…!!」

 

とエリザベスが叫び、エスカノールもボクらの声が届いてますかと叫ぶ。

しかし、魔神王はどんな大声で叫ぼうとメリオダスには届かんと一蹴する。

「みんな」

「俺に考えがある!!」

とゴウセルが言う。

そして内側ではメリオダスが魔神王を前にして倒れていた。

「精神世界(このばしょ)で絶望を抱くことは即ち」

「あの世へいくことだ」

と告げる魔神王を前にメリオダスは何とか立ち上がろうとするがダメージのせいか倒れてしまう。

その様子に魔神王は後の事は万事父に任せよと言い、もう貴様を待つ者は誰もおらんのだと告げる。

それでも立ち上がろうとした時、メリオダスの腕を誰かが組む。

その者にメリオダスと魔神王は驚愕する。

その正体は…。

「私たちがいるわ!!」

ゴウセルの魔力で精神世界にやって来たエリザベス、ディアンヌ、キング、ゴウセル、マーリン、エスカノールであった。

七つの大罪など漫画の最新刊を無料で今すぐ読めます!

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間がありすぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

七つの大罪最新刊を無料で読む

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

七つの大罪302話のネタバレと感想

ゴウセルの魔力を使って精神世界に行くとは…これは盲点だったなと思いました。

マエルを救うための戦いの際に大分無理していましたし、それ以降は特に目立つ行動がなかったものですから…思い浮かびませんでした。

でもメリオダスもちょっと折れかけていましたし、これは心強いのではないかと思います。

七つの大罪303話の予想や考察

タイトルが「みんながキミの力になる」なのでエリザベス達の援護を受けてメリオダスが魔神王に挑んでいくのではないでしょうか。

エリザベス達は大分魔力消費しているとは思いますが、メリオダスのためならと限界を突破して援護してくれると思います。

精神世界で優位に立てば、現実世界で戦っているバンの窮地もひっくりかえせるのではないかと思います。

以上が七つの大罪302話のネタバレ・感想でした。

テキストのコピーはできません!