七つの大罪

七つの大罪290-291ネタバレ最新話あらすじ考察~チャンドラーとキューザック

七つの大罪290-291ネタバレ最新話あらすじ考察!!

290話はエスカノールの「天上天下我唯我独尊(ザワン)」により、ゼルドリスの「凶星雲(オミノスネピュラ」は止めることができ、リュドシエルの「黄金の輝き(ゴールド・シャイニング)」によってゼルドリス自身の動きも止めることができました。

しかしここに出てきたのが最高位魔神のチャンドラーとキューザック。

チャンドラーは以前戦いを見せていて強いことがわかりますが、キューザックも最高位魔神と言われるだけあって、強い!

七つの大罪291-292はこちら

七つの大罪291-292ネタバレ最新話あらすじ考察~マーリンが強い!キャメロットは?290話ではリュドシエルVSキューザック、マーリンVSチャンドラーと、それぞれで戦っていました。 リュドシエルは、ゼルドリスの動き...

今回はリュドシエルVSキューザックのお話です。

Sponsored Link

七つの大罪最新話290あらすじとネタバレ最新話

【リュドシエルVSキューザック】

 

「とどめだ!」

 

ゼルドリスに最後のとどめを入れようとするリュドシエル。

 

しかし、ゼルドリスを守ったのはキューザックでした。

 

「ゼルドリス様。しばらくお休みください。あとは我々にお任せを。」

 

リュドシエルの身体は恋人のマーガレット。

前回ゼルドリスの攻撃からそれを守ったギルサンダーはひどい怪我をしていました。

ヘンドリクセンはギルサンダーの傷を魔力で治癒しようとしますが、

 

ヘンドリクセン(以下、ヘンディ)

「……私の魔力ではっ……」

 

そこにチャンドラーが出てきます。

 

「〈四大天使〉長は取られたか!

つまり儂は小娘の相手と残りのゴミの片付けか。」

 

エスカノールとゼルドリスの戦いが終わり、今ここから新しい戦いが始まります。

 

ゼルドリス(以下、ゼル)「絶対にメリオダスの邪魔はさせるな!」

 

「キューザック、お前たちの力を思い知らせてやれ。最高位魔神の力を!!」

 

 

キューザック(以下、キュ)「御意。ですが、お忘れなきよう。あなたは直にこの私を越える存在となることを。」

 

ゼル「……?」

 

リュドシエル(以下、リュド)「別れの挨拶はすませたか?」

 

キュ「ほざけ」

 

エスカノール(以下、エス)「マーリンさん、最高位魔神って強いんですか……?!」

 

マーリン「……最も古き者と呼ばれる者、チャンドラーとキューザック。聖戦の表舞台にはほとんど立ったことはなかったと聞く。正直謎の多い存在ではあるな。」

 

リュド「フッ……ゼルドリスさえ抑えることができれば、貴様らなど私の敵ではないわ!」

 

「散るがいい」

 

リュドシエルは閃光でキューザックを倒そうとします。

 

しかしなかなか決まらず……

 

ドォッ……

 

バラ……

攻撃を受けたのはリュドシエルでした。

リュ「……やるな」

 

キュ「ゼルドリス様に剣を教えたのは私だ」

 

リュドシエルは次の攻撃をキューザックに仕掛けようとします。

 

リュ「だが、調子には乗るな」

 

しかし……

ーガンッ

キューザックは不意打ちに、リュドシエルに激しい頭突きをしました。

ぐぁっ、とリュドシエルはダメージを受けて、よろめきました。

 

リュ(無傷だと?!!)

 

リュドシエルは額に大きな傷ができましたが、キューザックは平然と立っていました。

 

キュ「借り物の体ではそれが限界か?」

マーリンvsチャンドラー

リュドシエルとキューザックの横では、マーリンとチャンドラーの戦いが始まろうとしてしていました。

 

チャンドラー(以下、チャ)

「こちらも始めようとするか!【ベリアルインの娘】!!さあ!今度は!儂を楽しませろ!」

 

マーリン「エクスターミネイト・レイ」

 

最初に攻撃を仕掛けたのはマーリンでした。

 

しかし……

 

チャ「エクスターミネイト・レイ」

 

キューザックはマーリンと同じ攻撃を仕掛けてきます。

 

エス「マーリンさんと同じ魔法?!しかも特大……。」

 

その威力はマーリンのよりも大きかったのでした。

 

マーリン「エスカノール、神器の下へ走れ」

 

マーリンはエスカノールに隙をみて神器を取り戻せと指示するが、隙などなく動けません。

 

チャ「どうしたどうしたー?!」

 

チャンドラーはそのまま攻撃をし、攻めていきます。

マーリンは次の策に出ます。

マーリン「エンチャント・インフィニティ」

チャ「!!!」

 

コボッ

 

ヘンディ「直撃した!!!」

エス「さ、さすがだ!マーリンさんのインフィニティの前には最高位魔神も形無しですかね!……で、では今のうちに神器を、、」

 

エスカノールはこの隙を見て神器を取りに行こうとする。

 

エス「ぅわっ!」

 

その時エスカノールの前に飛んで降ってきたのはリュドシエルだった。

 

リュ「マーリン、どうなってる?!まるで手応えがない。これがやつらの魔力なのか?」

 

マーリン「いや、奴らは元来所有している魔力を封じられているらしい。にもかかわらず、最強と言われるのは単純。

 

極めて強く、極めて堅く、極めて速い。」

 

エス「それって、弱点なしってことじゃないですかぁ!」

マーリン「平たく言えばな」

キューザックとチャンドラーはじわじわと歩きながら攻めこんでくる。

小賢しい蛆虫たち

 

キュ「チンケな技が通じると……」

マーリンが何かを二人に仕掛てあったのでしょうか。わずかではありますが二人に傷をつけることができました。

キュ・チャ「…………。」

 

リュ(な、二人に傷を……!)

 

マーリン「弱点がないのならば……作ればいい。」

 

この発言から、マーリンには作戦があるようです。

七つの大罪290話の感想と291話の考察

ゼルドリスが戦いに参戦しただけでも興奮したのに、ゼルドリスよりも強い人たちが出てきました。

どうしよう。

リュドシエルや他のみんなももうボロボロだし……。

マーリンのあの強気な発言から次回を期待しています!

ベリアルインの娘と言われるマーリンの本来の力を見ることができるのでしょうか?!

Sponsored Link
Sponsored Link
テキストのコピーはできません!