漫画を全巻無料で読む

ダンジョン飯7巻最新刊発売日は?無料で読める?6巻最新話ネタバレ感想!

ダンジョン飯を無料で読めるかどうか調べた結果、無料ではないが半額で読めるサイトがありました!

eBookJapanなら半額で読めます!

ダンジョン飯を読む

試し読みもできます。

 

楽天でも購入可能です♪

ダンジョン飯のあらすじ

激闘の末ついにレッドドラゴンとの戦いに勝利したライオス一行は、すでに消化されて骨となってしまった妹のファリンをマルシルの黒魔術で何とか蘇生させ、ダンジョン内で束の間の休息を楽しんでいました。

しかしそこへダンジョンの主である「狂乱の魔術師」が突如現れ、ファリンは連れ去られてしまいます。

その後再びライオス一行の前に現れたファリンでしたが、モンスターと成り果てた彼女はライオスたちに牙を向きます。

無事ファリンを元に戻し、地上へ戻ることができるのか?今後の展開が気になります!

Amazonで購入する

 ダンジョン飯5巻までのネタバレと感想

ダンジョン内でレッドドラゴンと戦っていたライオス一行は、空腹のため注意力が散漫になり全滅してしまいます。

ライオスの妹ファリンが唱えた帰還魔法によって地上に帰ってきたライオスたちでしたが、ファリンはドラゴンに食べられてしまったため魔法が効かず、ダンジョン内にひとり取り残されてしまいました。

しかも仲間が二人も辞めてしまい、再びダンジョンに潜るにはお金も無ければ時間もないという絶望的な状況です。

ライオスは残されたエルフのマルシル、ハーフフットのチルチャックに「ダンジョン内のモンスターを食べて食費を節約しながら先へ進む」事を提案します。

eBookJapanなら半額で読めます!

ダンジョン飯を読む

そして3人はダンジョンで出会った魔物食の達人であるセンシとともに、魔物を食べながらダンジョンの奥へと進んでいくのでした。

様々なモンスターを調理して食べながら深層を目指すライオス一行は、苦労の末ようやくファリンを食べたレッドドラゴンを発見します。

少人数ながら何とかドラゴンを倒し、無事にファリンを生き返らせたライオス達でしたが、ダンジョンの主である「狂乱の魔術師」によってファリンは連れ去れてしまいます。せっかく助けた妹との別れに再び絶望するライオス。

そんな時、かつて仲間だったシュローが現れます。彼もまた、ファリンを助けるために別のパーティーとして再びダンジョンへ来ていたのでした。

ダンジョン飯最新刊6巻のネタバレと感想

再開したシュローは、ろくに食事もとらずフラフラになりながらも先に進んでいました。

彼の仲間も心配していますが、ファリンに淡い恋心を持つシュローは彼女を助けることしか頭にない様子です。

ライオスはシュローにレッドドラゴンを倒し、禁断である黒魔術によってファリンを生き返らせた話を「うっかり」してしまいます。

この話がシュローの怒りを買ってしまい一触即発になりかけましたが、シュロー達に同行していた別パーティーのカブルーによってその場は一旦落ち着くことに…。

そんな時、モンスターであるハーピーの群れが突如出現し、シュローの仲間であるヒエンとベニチドリが手際よく倒していきます。

しかしかなりの手練れであるはずの彼女らも、姿を現した別のモンスターによってあっさりと倒されてしまいます。

ライオスたちはその魔物の姿をみて言葉を失いました。何故ならばそこにいたのは、変わり果てた姿になった妹のファリンだったからです。

彼女はライオスたちに容赦なく襲い掛かり、一瞬のうちに仲間達が次々と戦闘不能に陥ってしまいます。

ライオス達も必死に応戦、モンスターと人間は分かり合えないことを理解していたライオスは彼女にとどめを刺そうとしますが、情が勝ってしまい結局彼女を倒すことはできませんでした。

カブルーの活躍によって何とか撤退に追い込むことは出来ましたが、わずかな戦いでかなりの被害が出てしまいました。

蘇生魔法によって無事全員生き返らせることに成功しましたが、これ以上の探索は無理ということでシュローとカブルー達は一旦地上に戻ることに。

ライオスたちは黒魔術を使用したことがバレるとまずいため、そのまま探索を続けざるをえない状況になってしまいました。

シュロー一行から逃げ出してきた新しい仲間、イヅツミも加わって今後も目が離せないダンジョン飯。

魔物となってしまったファリンを元に戻し、地上に帰ることが出来るのか?

そして禁断の黒魔術を使ってしまったライオス一行への処罰はどうなるのか?問題が山積みで次の展開に目が離せません!

ダンジョン飯 第6巻の感想

せっかくファリンを生き返らせたのに、モンスターになってしまうとは…。

しかし一瞬ライオスの名前を呼んだあたり彼女にも少し昔の記憶が残っているようなので、元に戻る可能性もゼロではなさそうですね。

それにしても、妹がモンスターになった時の第一声が「すごくかっこいい」というのは、さすがライオスというべきです。

彼の魔物好きにはもはや脱帽です。

今回はカブルーがライオスに執着する理由と、彼の心の闇が少しだけ垣間見えました。人間のことはよく観察して知っているが、モンスターのことになるとわからなくなるカブルーと、その全く正反対に位置するライオス。

この二人がタッグを組めばもしかしたら再強かもしれないですね。今回は一旦地上に戻ってしまいましたが、またどこかで出会う機会があるのかと思います。

6巻はあまり魔物を使った料理のシーンは無く、印象的なのは最後に出てくる夢魔という貝の形をしたモンスターくらいでした。

食べたことはないのですが(当然ですが)あさりの酒蒸しのような味がするのではないかなと思いました。

物語が進むにつれて段々とシリアスな展開になってきましたが、これからもライオス達にはどんどん魔物料理を紹介していただきたいです。

今後の展開に期待しています!

eBookJapanなら半額で読めます!

ダンジョン飯を読む

ダンジョン飯7巻最新刊発売日はいつ?

ダンジョン飯の7巻の発売日予定は2019年4月12日となっています。

 

テキストのコピーはできません!