約束のネバーランド

約束のネバーランド136ネタバレ最新話137考察~七つの壁の正体判明!?

manga-saishinwa

この記事は2019年6月3日発売の週刊少年ジャンプ「約束のネバーランド」の最新話136話のあらすじとネタバレ、感想や137話の考察をご紹介しています。

約束のネバーランドの最新刊も全巻無料で読めるか徹底調査しました!

mangamuranokawari
約束のネバーランド最新刊も漫画村の代わりに全巻無料で読めるサイトは?「約束のネバーランド」は原作:白井カイウさん、作画:出水ポスカさんによる、2016年から【週刊少年ジャンプ】にて連載中の人気漫画です。 ...

U-NEXTで約束のネバーランドの最新巻を無料で1冊読む

前回ノーマンの執務室に呼ばれたドンとギルダは、ノーマンからソンジュとムジカを捜してほしいと頼まれていました。

エマの計画を成し遂げるためにも、2人を捜し出して一刻も早く保護したいというノーマン。

しかし、エマたちに邪血の一族を消さなければならないと話していたことから、ノーマンが2人を捜し出して消す気だと推測したドンとギルダは、2人を守るためにノーマンの頼みに乗り、2人を捜すためノーマンが用意した護衛と共にアジトをあとにしたのでした。

前回までの「約束のネバーランド」

manga-saishinwa
約束のネバーランドネタバレ最新135-136あらすじと感想~ドンとギルダの決断この記事は2019年5月26日発売の週刊少年ジャンプ「約束のネバーランド」の最新話135話のあらすじとネタバレ、感想や136話の考察をご...

約束のネバーランド136話最新話あらすじとネタバレ

七つの壁の中で、エマとレイは矢印の示す方へ進み続けていました。

「あそぼ」

何度も繰り返し頭に浮かぶ、壁の先にいるだろうあの方の言葉。

シェルターのモニター室で見つけた矢印の先に進み、扉を開けるたびに現れる新たな矢印。

時には、ゴールディポンドの空にかかる渡り棒を進み窓から屋内へ、そして扉を開けるとまたシェルターへ戻り、そんなことを何度も繰り返していました。

「またここ・・・」

「これで何度目だ・・・・・・・」

シェルターのモニター室に出るのはすでに154回目、テーブルの上に矢印の書かれているモニター室に来るのも32回目でした。

同じ場所に何度も出るけれど、部屋は少しずつ違っていて、たとえ同じ条件・道順で辿っても、繋がる場所は違っていて、法則性はないようです。

めちゃくちゃなのは、空間だけではなく、時計に示される時間も、突然子どもの姿になってしまうのも相変わらずで、物理法則も何もかもが不安定で、全てが狂っているようにレイは感じ始めていました。

「くそっ何なんだここは」

あまりにも無秩序な世界、俺たちはもてあそばれていると感じ、イラつくレイに、エマがこんなことができるあの方は、そもそも一体何なんだろうと尋ねましたが、知るかよ!と一掃されてしましました。

この未だに解決の糸口さえ見えない迷路に相当まいっているようです。

「ただ、だいぶわかってきた、七つの壁の正体・・・」

そんな状況下でもレイは考えることをやめず、七つの壁の正体を分析し続けていたのでした。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

七つの壁の正体

まずは北へ10里、つぎに東へ10里、つぎに南へ10里、つぎに西へ10里

天へ10里、地へ10里

砂の間で矢が止まり、日が東へ沈むとき、地が哭き壁は現れる

彼らと我らを隔つもの、即ち七つの壁なり

この伝承が示す本当に意味について気が付いたと言うレイ。

全部同じ距離なら元の場所へ戻ってしまうとか、そんな場所はどこにもないとノーマンも言っていましたが、たぶんそういうことではないとレイは言うのです。

『彼と我らを隔つもの』は、この迷路であの方が自在に超越していて、レイとエマが越えられていないもの、空間と時間を示しており、天井絵を見つけた寺で見たマーク、立方体と砂時計が描かれたマークもヒントだったのだと。

東西南北天地とはそれぞれの壁を示しており、6面のキューブを表現していて、『砂の間で矢が止まり』は時間の静止を示していて、伝承の後半は時間を指している。

“前後左右上下”6面の器枠と”時間”は7つの要素、それは世界を規定する”物理的限界”。

“時空”という物理的限界、それこそが”七つの壁”の正体なのではないかとレイはエマに話すのでした。

時間を止めて巻き戻す

レイの話を聞いて、唖然とするエマ。

”七つの壁”が時空なら、”七つの壁”を超えるとは時空の超越、この迷路を抜けるためには時空を越えなくてはいけないのだと考えつき、エマは頭を抱えました。

『砂の間で矢が止まり、日が東へ沈むとき』は、時間を止めて巻き戻すことを表しているのだろうけれど、時間の静止や逆行なんて人間にはできるわけがないし、できたとしても現れた壁をどう越えるかもわからない、”七つの壁”の見当がついてもますますどうすればいいのかわからないとレイは途方にくれます。

エマもレイの話を聞き、この迷路の脱出方法を考えていました。

「ちくしょう・・・!早く見つけてここを出ないと、ノーマンの計画阻止に間に合わない」

レイは終わりのない迷路に追い詰められ、今いつで、どこにいるのか、自分が何なのか、現実なのか、悪夢なのか、見失いそうになっていました。

その時辿り着いた場所は、これまでに通ってきた部屋とは違い、ドアを開けても煉瓦でできた壁があり先に進めませんでした。

唯一開いた窓を開けると、いくつもの風車の回る荒野、砂漠が広がっていました。

これまで一度も通ったこともないその砂漠には、砂も太陽もあり”時間を止めて巻き戻す”ために必要な条件が揃っているように見えます。

「とりあえずあの砂嵐に矢を射ってみよう」

砂漠の先にいくつかの竜巻ができていて砂が巻き上げられています。

「あぁ・・・ダメ元でも何でも片っ端から試そうぜ」

レイがエマの提案に答えるとすぐ、エマが子ども姿になってしまいました。

しかし、今までとは違いエマはどんどん小さくなり、赤ん坊の姿にまでなってしまいました。

レイが抱き上げ声をかけますが、エマは答えることなく眠っているようです。

そして、エマの顔にパズルのピースのような模様が浮かび上がり、バササササササと消えてしまったのです。

レイは唖然として地面に崩れ落ちると、見る見るうちに手や顔にしわが増え、誰もいなかったはずの砂漠に鬼たちの姿が浮かび上がりました。

レイは6つの天井絵の、最後の“昼と夜”の天井絵にはそれまで描かれていた鬼がいなかったのを思い出し、鬼たちもみんな迷路で迷って自分を見失って朽ちてしまったのだと考え始めていました。

そして自分が誰かも、エマやノーマンたちの事も忘れ倒れ込んだその時、砂漠へ来た入り口の扉から子どもの姿のエマが飛び出し、

「レーイ!!私わかったかもしれない!!」

と告げたのでした。

約束のネバーランドなど漫画の最新刊を無料で今すぐ読む方法

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間がありすぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

約束のネバーランド136話の感想

エマ生きていましたね!

それがわかっただけでも今回良かったです。

七つの壁の正体が“時空”だとわかり、七つの壁の伝承の謎もだいぶ解明されました。

七つの壁の入り口を入ったところから、同じようなことが繰り返されていましたが、七つの壁の中はあの方が自由自在に操ることのできる空間で、この空間の上下左右前後と時間を壁と表現していたのですね。

そしてこの空間を抜け出すことを七つの壁を越えると表現し、越えられれば、あの方に会うこともできそうです。

前々回からいかにもレイが一人でずっと彷徨っているようでしたが、時間の感覚がなくなり、姿も年老いてしまって長い時間がたっているように感じていただけのようですね。

レイの心が切れてしまう前にエマが再び現れてくれて良かったです!

やっとレイが救われる、それがわかっただけで今回は満足でした。

約束のネバーランド137話の予想

 

今回の最後に子どもの姿になったエマが出てきて、わかったかもしれないと言っていたので、次回七つの壁”時空”を越える方法が何か見つかるのではないかと思います。

そしてうまくいけば、あの方に会うところまでいくのではないでしょうか。

また、前回ムジカとソンジュを捜すため旅立ったドンとギルダについても描かれるかもしれません。

ドンとギルダの護衛として付き添っている、鬼に飼われていた少女アイシェの行動にも注目です!

テキストのコピーはできません!