呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ61‐62最新話あらすじと感想!我慢比べ黒い火花に愛された男

manga-saishinwa

この記事では2019年6月3日発売の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」の61話のあらすじとネタバレ、感想や62話の考察のご紹介をします。

前回、背中を見られた呪霊は激怒し術式を使い背中からはねを生やす。

そのはねは血で出来ており呪霊の血は触れると溶かす作用を持っていた。

呪霊は血を操り虎杖達に攻撃するが、虎杖は釘崎を抱え走って血の攻撃を回避する。

しかしもう一人の呪霊が虎杖達を先回りし攻撃、それにより二人とも血を浴び、呪霊達は術式を起動させる。

血が毒の様になり虎杖達は10分以内に術式を解除しないといけなくなった。

その時、釘崎が「共鳴り」を発動させる事で二人にダメージを与えた。

そして我慢比べが始まった。

U-NEXTなら最新巻も登録後すぐ無料で1冊読めます!

前回までの呪術廻戦のあらすじとネタバレはこちらにまとめています。

manga-saishinwa
呪術廻戦ネタバレ60‐61最新あらすじと感想!九相図の秘密!最悪の術師加茂憲倫この記事では2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」の60話のあらすじとネタバレ、感想や61話の考察のご紹介をします。 ...

呪術廻戦ネタバレ61最新話のネタバレ

「痛いのは嫌だろ、ならさっさと術式解けよ」

共鳴りを発動させた釘崎はそう二人の呪霊に言い放った。

九相図の次男の呪霊は釘崎の術式がどんなのか、考え釘崎が言った言葉から術式を解かない限り何度も攻撃が来ると理解する。

共鳴りとは、対象から欠損した一部に人形を通して呪力を打ち込むことで対象本体にダメージを与える術式。

術式範囲の制限はゆるく、対象との実力差、欠損部位の希少価値によって効果が変わる。

今回の血液の価値は高くないが、共鳴りは対象との繋がりを辿る。

そして釘崎の中にある血液は呪霊の術式で二人と強く繋がっていた。

釘崎は次男の方の呪霊の血を食らったのに弟まで共鳴りが聞いて事をラッキーと思い、共鳴りをぶち込むことを考えていた。

一方の次男の呪霊は、共鳴りを何度食らおうがくたばりはしない、耐えておくだけで倒せると考え、それに痛みと毒があるからまともに動く事も出来ないと思っていた。

しかし動き出したのは虎杖。

虎杖は九相図の三男に向かって拳を構える。

呪霊は理解できなかった虎杖がなぜ動けるのか?

そこに釘崎の共鳴り、避けるという時間を呪霊に与えなかった。

虎杖の拳は三男の呪霊を捉えた。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

俺達は三人で一つだ

虎杖は猛毒呪いの王、両面宿儺の器、故にあらゆる毒に耐性がある。

分解の痛みはあっても毒は虎杖には効かない。

しかし痛みだけでは虎杖は止まらなかった。

虎杖は三男の呪霊に向かって何度も拳を繰り出した。

その拳を三男の呪霊は何度も食らう。

一方的にやられる三男を見て次男はついに怒り叫ぶ。

それを見て、釘崎は共鳴りで追い打ちをかける。

動き出そうとした次男の呪霊の動きが鈍る。

その隙に虎杖と釘崎の位置を入れ替える。

釘崎は三男の方、虎杖は次男の方を相手する。

釘崎は共鳴りを発動させる素振りをわざと次男の呪霊に見せる。

次男の呪霊は考える、術式を解くかどうか。

次男の呪霊は今の術式を発動していたらはねを使う術式は使えない。

三男は釘崎にやられるかどうか?

女に妨害されても虎杖に負けるかどうかこれらの事を考えた結果。

次男の呪霊は絶対に術式は解かないと決めた。

筈だった。

三男呪霊の弱弱しい声で「兄者」とだけ言い、それを聞いた次男の呪霊は思わず術式を解いてしまっていた。

「俺達は三人で一つだ」

黒い火花

術式を解いた次男の呪霊はすぐさま翅王の術式を使い、背中からはねを生やした。

そのはねから放った攻撃は虎杖を通り越し釘崎に向かっていた。

しかし釘崎後ろなんか気にせず、トンカチを構える。

釘崎は背後からの攻撃に気が付かないほどに集中していた。

そして術式が解け痛みは晴れ、さらに意識は研ぎ澄まされていく。

そこまで集中した先にあるもの。

 

虎杖は釘崎に攻撃が当たる前に敵を仕留めるそう考えていた。

身体能力、格闘センスの良さに加えて呪いの力。

さらに虎杖は黒い火花に愛されていた。

 

攻撃を放った際に黒い光を放なたれた。

二人が放ったのは「黒閃」だった。

\まずは無料でお試し/

二人の呪霊は重症だった。

次男の呪霊は黒い光は確認できたが混乱していた。

次男の呪霊は虎杖の拳を確実に腕でガードしたにも関わらず、気が付いた時には自分の肩ごと飛ばされていた。

三男の呪霊もぐったりと倒れ込んでいる。

次男の呪霊は三男に心配していると

三案の呪霊は立ち上がった。

「兄者」と叫びながら釘崎を襲う。

釘崎はトンカチを構えてはいない。

次男の呪霊がニッタり笑った時、釘崎は指を鳴らした。

すると釘崎の術式の「簪」が発動した。

そしてその術式が三男の呪霊に止めを刺した。

釘崎は「心配しなくてもすぐに兄貴も送ってやるわ」と三男の呪霊に言い放った。

eBookJapanでは漫画を無料や半額でお得に読めるキャンペーン中!

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法

U-NEXTなら登録後すぐに漫画の最新巻も無料で読めます!

登録後すぐに600ポイントもらえますので、そのポイントを使ってすぐに最新巻を無料で読むことができますよ!

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

呪術廻戦61話の感想

今回の話を見て前回の考察で言っていた共鳴りについてが間違っていたことに気が付きました。

忘れていた+勘違いで変な事、言ってましたね恥ずかしい。

 

今までの呪霊にも仲間意識を持っていたのはいましたが、それが弱点になったのは今回が初めてなのかな?

呪霊も仲間思いの奴がいると改めて感じました。

 

そして黒閃釘崎も放つとはビックリです。

伏黒も黒閃を使う時が来るのか次回も楽しみです。

呪術廻戦62話の考察

今回、三男の呪霊を倒しましたがこれにより次男は間違いなく激昂するでしょう。

さらに長男はどうしてるか分からないので戦いが終わるかどうかは分かりません。

前回、長男が回想で出て来たときは見た目がしっかりとしていたため受肉した際に使った人間は能力が高いのかな?

そうなると三男を失った怒りを加えると強敵な予感。

釘崎は連戦が厳しそうなので、長男が来たら虎杖が何とかしないといけないと思います。

そもそも次男が倒せるか分かりませんし、まだまだ戦いは分かりません。

黒閃についてですが、今回黒閃を釘崎が使った事によって全体的にレベルアップしてると考えます。

それは以前、黒閃を経験すると呪力の扱いが上手くなるだっけ?

そのような事を東堂が言っていたような気がするので釘崎も強くなっていると考えます。

本気になった伏黒は使えるのか気になります。

テキストのコピーはできません!