鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ164-165最新話あらすじと感想!最凶!上弦壱・肆と開戦!

しのぶ・カナヲ・伊之助、3人の力と想いで見事童磨を撃破!

童磨は最期に恋を知ったようですがすぐに失恋。

胡蝶姉妹は笑顔で家族の元へ帰り、母の温もりを思い出した伊之助と涙を思い出したカナヲは互いに肩を支え合いながら前へと進みます。

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査しました!アニメも無料で視聴できますよ!

鬼滅の刃最新刊も漫画村の代わりに全巻無料で読めるサイトは?ネタバレ研究会調べ「鬼滅の刃」は作者:吾峠呼世晴さんが2016年から【週間少年ジャンプ】で連載中の人気漫画です。 2018年にコミックス13巻が発売...

 

この記事では 2019年7月1日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第164話「ちょっと力み過ぎただけ」のあらすじとネタバレ、感想や 165話の考察をご紹介しています。

前回までの鬼滅の刃のネタバレとあらすじはこちらです

鬼滅の刃ネタバレ163-164最新話あらすじと考察~想いは還り涙の決着!童磨に発現し始めた毒はしのぶの覚悟の証でした。 引き継いだカナヲは最終奥義を出します。 しのぶ・カナヲ・伊之助、3人の力と想...

鬼滅の刃最新話ネタバレ164話「ちょっと力み過ぎただけ」のあらすじ

童磨撃破の朗報は炭治郎たちの元にも届きました。

上弦も次々に撃破し、キサツ隊は確実に無惨の元へ向かっています。

次は甘露寺・伊黒が鳴女と開戦!

そして悲鳴嶼とはぐれた無一郎の前になんとあの鬼が!!

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

朗報

伊之助たちが戦いを終えた頃、気を失っていた炭治郎が目を覚ましました。しかし焦げ臭い…。

何故かというと、隣で義勇が火を焚いていたからです。

どうやら義勇は、止血しても血が止まらないため傷口を焼こうとしているようです。それほどまでに先の猗窩座との戦いで負った傷は深いのでした。もちろん炭治郎の傷も軽くはありません。

それでもこの戦いはまだ序盤。最終目標の無惨まで上弦の壱や弐と戦うことになるかもしれないのです。

炭治郎は改めて気を引き締めました。

するとそこへカラスがやってきます。

「シノブ、カナヲ、伊之助!三名ニヨリ!上弦ノ弐撃破!」

これはキサツ隊にとってもちろん朗報です!「凄い!凄いことだこれは!」炭治郎は隊員それぞれが勝ち星を上げ確実に無惨の元へ近づいていることに胸が高鳴っています。

甘露寺・伊黒vs鳴女開戦!

場面は変わり、「あーっ!!」と大きい声をあげたのは蜜璃ちゃん。鬼を見つけ、一緒にいる伊黒に報告します。

座して琵琶を弾いているあの姿は…鳴女です!

単眼でギョロリと二人を見つめていますが、なんとその目には『肆』の字が!

上弦の肆と言えば半天狗だったと思いますので、空席となったそこへ鳴女が入ったようですね。

蜜璃ちゃんはすぐさま飛び出しました。

「年下のしのぶちゃんが命を懸けて頑張ったんだから、私も頑張らなくちゃ!」

しかしその意気込みとは裏腹に空を切る刀。蜜璃ちゃんが確実にとりに行ったにも関わらず、何故か鳴女に届いていないのです。

そして鳴女がベンッと琵琶を弾くと突如襖が現れ、蜜璃ちゃんは下層へ落とされてしましました。

落下しながら蜜璃ちゃんは超赤面。「は…恥ずかしいわ恥ずかしいわ!ちょっと焦っちゃった力みすぎちゃった私何してるのかしら!」

恥ずかしがっている間に伊黒が無事救出しますが、伊黒の「相手の能力が分からないうちはよく見てよく考えて冷静にいこう」という言葉に蜜璃ちゃんはさらに赤面しています。

music.jpなら最新刊も含めて漫画が2冊無料で読めますよ♪

【弄ばれる蜜璃ちゃん】

すると急に二人の足元の襖が開きました。

二人とも冷静に対処し落下は免れましたが、避けても避けても足元が開いたり畳が迫ってきたりとどんどん変化する空間が二人を襲います。

ワタワタする蜜璃ちゃんですが、鳴女が建物自体を手足のように動かせることにしっかり気づきました。

冷静に敵を見極めた蜜璃ちゃんは、再び鳴女に刀を振りかざします。

「私同じ手は食らわないですからぁ!」

と、先ほど喰らったのと同じように鳴女の前に出された襖を、今度は見事回避しました。今度こそはと思った矢先、また突然現れた襖からポイッと投げ出されてしましました。

蜜璃ちゃんが弄ばれている隙に、なんと伊黒の刀が静かに鳴女の首に迫っていました。

“蛇の呼吸・弐ノ型 狭頭の毒牙”

しかしまた琵琶を慣らし回避する鳴女。

伊黒は「血鬼術の殺傷能力はそれほどでもないが、煩わしさと厄介さは随一だな」と冷静に腹を立て、長丁場になりそうだと考えています。

一方蜜璃ちゃんはすごい下まで落下し「キーッ」となっていました。

FODなら無料でもらえるポイントを使って鬼滅の刃を4冊無料で読めます!

黒シ牟現る!!

再び場面は変わり、こちらは悲鳴嶼と無一郎。無惨の元に近づいている気配を感じながら無限城を走っています。

すると先を行く悲鳴嶼の耳に「ミシッ」という音が聞こえました。悲鳴嶼が振り返るとなんと突如飛び出した建物によって無一郎が押し出され、2人が分断されてしまったのです。

「俺に構わず進んでください!」と聖闘士的な気概を見せる無一郎。

無一郎が着地した先には何やら人影があり、「来たか…鬼狩り…」と聞こえてきました。

無一郎の前に立ち、「ん?お前は…懐かしい…気配だ…」と言っているその鬼はなんと…

上弦の壱・黒シ牟!!

最凶の鬼との対峙に無一郎も読者も冷や汗流す展開です!

鬼滅の刃の最新刊も無料で今すぐ読む方法

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読めます!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

鬼滅の刃164話のネタバレ・感想

まさかの無一郎の前に黒シ牟!

ついに黒シ牟の実態をあれこれ知れそうではありますが、無一郎が心配でそれどころではありませんね。確か黒シ牟は無惨のように人を鬼に変えることの出来る鬼だった気がしますのでその辺が少し心配ですかね。ひとりで勝てる気もしませんし。

悲鳴嶼の動向も気になりますね。一足先に無惨の方へ行くのも良いですが、無一郎の場所も遠くはなさそうなので助けに来てくれそうでもあります。

2人で立ち向かっても厳しそうな気はしますが…あああ黒シ牟戦そろそろだろうと思ってはいましたがついにこの時がきてしまうともうドキドキですね。

もうキサツ隊誰も亡くなって欲しくない!

鬼滅の刃165話の予想や考察

伊黒と蜜璃ちゃんはどういう役割なんでしょう?今のところ命の危険はなく足止め食らっている感じですが…展開が気になります。

次回はまず無一郎と黒シ牟の対話でしょうか。戦いだしたらすぐ決着がついてしまいそうな気がするので。

とりあえず冷や汗かきながら一週間待ちます!

テキストのコピーはできません!