鬼滅の刃

178鬼滅の刃ネタバレ最新話179あらすじ考察~悲しすぎる黒死牟の人生とその顛末!

manga-saishinwa

黒死牟が「縁壱になりたかった」というのは、縁壱が特別だったから。

双子として生まれ、自分より不遇に育てられた弟を可哀想だと思っていた黒シ牟。

しかし弟は自分には持ち合わせていない特別な才に恵まれていたのです。

気づけば黒死牟は縁壱をひたすらに憎むようになっていたのでした。

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査しました!アニメも無料で視聴できますよ!

mangamuranokawari
鬼滅の刃最新刊も漫画村の代わりに全巻無料で読めるサイトは?ネタバレ研究会調べ「鬼滅の刃」は作者:吾峠呼世晴さんが2016年から【週間少年ジャンプ】で連載中の人気漫画です。 2018年にコミックス13巻が発売...

この記事では 2019年10月12日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のあらすじとネタバレ、感想や 179話の考察をご紹介しています。

「鬼滅の刃」は「eBookJapan」で無料試し読みが可能!
登録不要で内容をチェックすることが出来ます☆彡

鬼滅の刃を今すぐ試し読みする

鬼滅の刃ネタバレ最新話178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のあらすじと感想

縁壱が去り穏やかな日々を過ごし始めた黒死牟。

しかし彼の前に再び縁壱が現れます。

憎しみが呼び覚まされる黒死牟でしたが、彼のような強さを手に入れたいと願い、家族を捨て鬼狩りに。

痣者として開花するも、縁壱と同じようにはできないと苦悩する黒死牟は、痣者の寿命を知り絶望します。

そこへ現れた鬼舞辻無惨。

黒死牟は人間を捨て鬼となるも、いつまでも縁壱の姿を追い続けていたのでした。

訪れた穏やかな日々

神に愛された弟に憎悪を抱き始めた黒死牟は、ただ弟が、弟のような存在が居なくなることばかりを考えていました。

『お前のような者は生まれてさえ来ないでくれ。お前が存在しているとこの世の理が狂うのだ』

 

父は縁壱を連れ戻そうと寺に使いをやるも、縁壱はそこへは行っていなかったようでした。彼は忽然と消息を絶ち形も無くなったのです。

つまり計らずも「彼のような存在がいなくなれば」という黒死牟の願いは叶ったわけです。

それから10年は平穏な日々が続きました。

妻子にも恵まれた黒死牟は、長閑でどこか退屈な毎日を過ごします。年月の流れが非常に遅いとも感じていました。

 

そんなある日、時は動き出します。

野営していたところを鬼に襲われた黒死牟たち。陣は全滅し、黒死牟は絶体絶命!

その時―鬼の頸を斬り、黒死牟を救ったのがなんとあの縁壱でした。

彼等は望まぬ邂逅を果たしたのです。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

縁壱との再会

縁壱の剣の技術が幼少時とは比べ物にならないほど極められていることを知る黒死牟。縁壱は人外の者まで容易く斬ってみせたのですから。

頼一との再会で黒死牟の10年の平穏は破壊されます。彼に再び憎悪の感情が沸き上がってきたのです。

「申し訳ございません兄上」

自分の到着が遅れたために黒死牟の配下が亡くなったと詫びた縁壱は、剣の技術だけではなく、人格までも非の打ち所の無い存在となっていました。

黒死牟はその強さを手に入れるため、家も妻子も捨て、縁壱と同じ鬼狩りになることにします。

 

縁壱は誰にでも剣技や呼吸を教えていましたが、誰一人として彼と同じようには出来ませんでした。

縁壱はそれぞれの者の得意に合わせて呼吸法を変えて指導していたのですが、そうして派生して、日の呼吸から様々な呼吸が生まれていったそうです。

その後痣者が増え鬼狩りの戦力も高まっていき、間もなく黒死牟自身にも縁壱そっくりの痣が発現します。

 

―しかし、結局日の呼吸が使えることはありませんでした。使えたのは後に『月の呼吸』と名付けた件の呼吸のみ。

もっと鍛錬を重ねればいつか縁壱に追いつけるのだろうか…黒死牟が懊悩していた時、他の痣者がバタバタと亡くなり始めます。

例の『寿命の前借り』ってやつですね。

つまり黒死牟は「自分には未来が無い」ということに気づきます。鍛錬を重ねる時間もないということは縁壱に追いつける可能性すらないと知ってしまったわけです。

FODなら無料でもらえるポイントを使って鬼滅の刃を3~4冊無料で読めます。

1ヶ月利用無料なので、こちらから確認してみてね!

無惨との出会い

「ならば鬼になれば良いではないか」

黒死牟に語り掛けてきたのはもちろん鬼舞辻無惨。無惨は「呼吸とやらを使える剣士を鬼にしてみたい」と言うのです。

その語り掛けにより、黒死牟が心底願い欲していた道は拓かれました。他の剣士とは違う、特別な者になれるのです。

これで「すべてのしがらみから解放される」と思った黒死牟。

しかし…

またしても縁壱は目の前に現れました。縁壱は歳を取り、黒死牟の目は6つになっていたあの赤い月の夜の再会です。

あの日相変わらず理を超越した存在であると見せつけた上、結局寿命で死亡し勝ち逃げした縁壱。

無惨ですら彼には勝てなかったようです。

「何故だ。何故いつもお前は私に惨めな思いをさせるのだ?」

黒死牟は、寿命で尽きた縁壱の遺体を斬り刻みます。

するとふいに縁壱の懐から、むかし黒死牟があげた笛が出てきました。

「いただいたこの笛を兄上と思って」と、別れのあの日微笑んでいた縁壱の顔が浮かびます。

「もうやめろ。私はお前が嫌いだ」

今や6つとなった不気味な目から涙をこぼす黒死牟。

最後に残ったものは…

顔を見ただけで吐き気がする…声を聞くだけでこめかみが軋む…なのに、何百年も生きていて未だ鮮やかに記憶しているのは縁壱の顔なのです。

『唯一無二の太陽のように』

縁壱の周囲にいる人間は皆、彼に焦がれて手を伸ばし、もがき苦しむ以外道はないのだと黒死牟。

そう、消し炭になるまで…。

「ああ…何も手に入れることができなかった」

黒死牟は自らの人生を振り返ります。

家を捨て妻子を捨て、人間であることを捨て、子孫を斬り捨て、「侍である」ということまで捨てたのに、黒死牟は今散ろうとしています。

「剣を極めた者が行き着く場所は同じ」だと縁壱は行っていましたが、結局黒死牟は何をしても辿り着けなかったのです。

縁壱の日の呼吸も、黒死牟と無惨で徹底して消してきたつもりでしたが、炭治郎という存在として未だ残っているのです。

「何故私は何も残せない」「何故私は何者にもなれない」「何故私とお前はこれほど違う」

『私は一体何の為に生まれてきたのだ』

教えてくれ、縁壱…と悲しく散る黒死牟。

全てを捨て最後に残ったのは、縁壱に与えたあの笛でした。

 

鬼滅の刃の最新刊も無料で読む方法

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

  • 次におすすめなのがFOD

FODなら「鬼滅の刃」を4冊も無料で読むことが出来るのです!

こちらのページから登録すると、1ヶ月無料期間があり、合計1300ポイントもらえるので、鬼滅の刃を4巻分無料で読むことができます!

ポイントは初回登録時100p、その後8のつく日にログインすると400pずつ付与されて合計1300p無料でもらえます。

U-NEXTも、FODも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

是非一度お試しください。

鬼滅の刃178話のネタバレ・感想

2話続けて黒死牟の悲しい人生のお話でした。憎しみの底にあったのはただひたすら『憧れ』だったようです。

自分も何も持っていない人間だからか、黒死牟の人生はツラくモヤモヤします。

ともあれ、鬼殺隊にとって最大の試練である上弦の壱はついに散りました。

鬼滅の刃179話の予想や考察

次回はようやく話が進みそうですね。

しかし無一郎や玄弥のこともあるので少しキツイ展開になりそうかな?

他の状況(蜜璃など)も分かればいいなと思います。

テキストのコピーはできません!