ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイネタバレ190-191最新話あらすじと感想!キロランケの未来

この記事では 2019 年2月21日発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」の最新話 第190話「明日のために」 のあらすじとネタバレ、感想や 191話の考察をご紹介しています。

U-NEXTなら登録後すぐに最新刊も無料で読めます

 

谷垣、月島を傷つけられた鯉登はひとりキロランケの元へ向かいます。

キロランケの仕掛けた罠によりあわやというところ、天(アザラシ)の助けにより襲撃を免れる鯉登。

正面から対峙した二人は殴り合いから小刀での刺し合いへ!!

前回までのゴールデンカムイはこちらです。

ゴールデンカムイ189ネタバレ最新話あらすじと感想190予想~鯉登vsキロランケ!一向に口を開かないアシリパに本心を見せ、銃を向けた尾形。 その様子を見た杉元が急いで駆けつけるも、逆に不慮でアシリパの持っていた毒...

互いに命を懸けた本気バトルに目が離せない!!

Sponsored Link

ゴールデンカムイネタバレ190「明日のために」のあらすじと感想

キロランケの長い戦いは終わります。

彼がここまで強い意志で一人戦ってきたのはアイヌなど少数民族の子供たちの未来、そして愛する人のため。

キロランケは天から与えられた役目を終えたのでした。

援軍

鯉登の一撃は、咄嗟にキロランケが手でガードするも完全に首まで届いていました。

それでもキロランケは鯉登のその手を押し返し、鯉登に刺していた小刀に力を入れます。

上から押す形なので、その刃は鯉登の胸にどんどん刺さっていきます。

ああこんな戦い、見ているのがツライ…。

鯉登絶体絶命!

しかしそこでなんとキロランケが何者かに狙撃されます!

それは谷垣と月島。

谷垣と月島の撃った弾が2発ともキロランケに命中し、鯉登の窮地を救いました。二人とも重傷なのによくここまで来ましたね。それだけキロランケが危険だということ。

対して、無情にも倒れ行くキロランケ。

 

手負いの猛獣

危機一髪を逃れた鯉登に月島が声をかけます。

鯉登は「手出し無用」と返し、銃に刺さってままの軍刀を取りに行きました。

キロランケにトドメを刺すつもりなのです。

しかしキロランケを見張っていた谷垣は驚きました。

すでに敗戦状態であるキロランケが、持っていた爆弾を鯉登と月島のいる方へ投げたのです!

焦る谷垣。こんな緊迫した場面でも彼の表情はギャグにしか見えません(笑)

迫る爆弾!

しかし鯉登がすかさず空中の爆弾を切断し、爆発を回避しました。

本当にここにきて鯉登がかっこよすぎて震えます。

「谷垣撃て!!」

月島はその隙を見逃さず谷垣にキロランケ狙撃を命じました。



Sponsored Link


金塊の鍵

キロランケに向けて銃を構える谷垣。そこへ―

「待って!!」とアシリパが登場。聞かなきゃいけないことがあるから撃つなと止めに入ります。

尾形を背負った杉元と白石も来てますね。連れて来ているということはひとまず尾形は無事みたいですね。ということはこの人たちオシッk…

「そいつは手負いの猛獣だ」

止めに入るアシリパに月島が、彼の危険性を説き離れさせようとします。

それでもどかないアシリパにキロランケは伝えます。

「逃げるぞアシリパ…」

ソフィアとウイルクの話を…(するんだ)と、金塊への何かを思い出させる旅を続けさせようとします。

何故なら暗号を解くカギはきっとアシリパの中にあるから。

アシリパはこのキロランケの強い思い、そして彼がもう助からないであろうことを感じ、伝えました。

「さっき全部思い出した」と。

耳元で囁いたので皆には聞こえていないと思います。

「ありがとう」とアシリパが思い出させてくれたことに感謝すると、安堵した様子で「無駄ではなかった」と旅を振り返りました。

これまでとこれから

フレップの塩漬け食べたりトナカイを狩りに行ったり。

スチェンカもしました。…え?!こっちチームもスチェンカやってた!!(笑)

懸命に頑張るキロランケに、ダウンしている白石と尾形。アシリパは金握ってるので賭けてますね。

そしてバーニャもしてました。ちょっとこんなん挟んでくるなんてズルい!!色々気になりすぎますね。

村の子供たち、オソマちゃんやオリガちゃんの描写まであります。それに北海道で暮らす自分の家族。

キロランケがここまでボロボロになりながら一人で戦い続けていたのは、彼らの明日のため、未来のためでした。

「俺たち」(アイヌや少数民族のことですかね)のために「あとは頼んだぞ、アシリパ」と、キロランケもまたウイルク同様、アシリパに未来を託したのでした。

最後に想うはソフィアのこと…。

ここにソフィアだけがいないのがまたツライですね。

そしてアシリパにはどうしても聞きたいことがありました。キロランケが本当に父ウイルクをけしたのかについてです。

「キロランケニシパ…」

呼びかけるも、もう彼からその答えを聞けることはありませんでした。



Sponsored Link


ゴールデンカムイなどマンガの最新巻を無料で今すぐ読む方法!!

漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

600Pを使ってすぐにゴールデンカムイや他のマンガを無料で読むことができます!

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

ゴールデンカムイ190話のネタバレ・感想

あああああああキロちゃん!!!!

もうショックで何も考えられません。

バーニャ挟んでくるのが余計に堪えますね!

ラッコ鍋も温泉も、楽しい思い出にはいつもキロランケの姿がありました。

彼はきっと優しすぎるためにこのような人生を歩むことになったのかと思うとこの最後がツライですが、無駄ではなかったと安堵して息を引き取ったのが救いですね。本当にお疲れ様でした。

鯉登はすっかり軍人の顔ですね。月島も無事そうで良かったです。

 

【ゴールデンカムイ 191話の予想や考察】

なんだかんだで皆合流しましたし、次回はソフィアとスヴェトラーナを回収ですかね。

「キロちゃん」といつもの呼び方でツラそうな顔をする白石の横で、無表情を保っている杉元が何を思っていたのか。

次回の第一声が気になります。

アシリパと杉元が合流して、金塊への物語は一気に進みそうではありますが、鶴見や土方もそろそろ動きがありそうですね。

目が離せません!

テキストのコピーはできません!