鬼滅の刃

鬼滅の刃152ネタバレ153最新話あらすじ考察~炭治郎覚醒!さらば猗窩座

manga-saishinwa

対猗窩座は、痣を発現した義勇をもってしても苦戦中。

炭治郎は必死に思考を巡らせ、伊之助の会話と父との思い出から勝機を見出します。

それは『透明の世界』。

極限まで集中し余分な動きをそぎ落とすことがヒントのようですが、果たして炭治郎はその『透明の世界』を習得し、ついに打倒猗窩座なるのか?!

鬼滅の刃最新巻を今すぐ無料で1冊読む

前回までの鬼滅の刃のネタバレとあらすじはこちらです

151鬼滅の刃ネタバレ最新話152あらすじ考察~父から代々受け継いできたもの

 

この記事では 2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第152話「透き通る世界」のあらすじとネタバレ、感想や 153話の考察をご紹介しています。

鬼滅の刃ネタバレ最新話152「透き通る世界」のあらすじと感想

義勇は上弦の実力に苦戦。

炭治郎は『透き通る世界』というものを感じていきます。

そして猗窩座と義勇が激戦を繰り広げる中で力が覚醒。

炭治郎の変化に猗窩座は対応しきれずついに頸を斬られる?!

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

透き通る世界に入った炭治郎

炭治郎が勝機を見出したのは、昔父に聞いた『透き通る世界』。

その世界の意味は、相手の肺の動きや血管の流れ収縮、自らの筋肉の収縮が透き通ったように鮮明にわかるというもの。

そこに入れた時、動きの予測と攻撃の回避速度が一段と上がるのです。

父は「その動きに必要なものだけを残して閉じる」と言っていました。

猗窩座の攻撃は恐らく“闘気”を感知しているものなので、この『透き通る世界』に入った状態なら闘気を閉じた状態で頸を狙えるかもしれないと炭治郎は思います。

義勇にトドメ

炭治郎が思案している一瞬にも猗窩座vs義勇の絶え間ない激戦は続いています。

義勇は今一つ攻めきれずにいました。あと少しのところで斬り込めないともどかしく思っています。

実力差を感じる義勇。攻撃の型も先読みされるようになってきたようです。

義勇は思いました。「なんという鬼。これが上弦の参」。戦うこと以外すべて捨てた修羅だと猗窩座のことをこう感じています。

猗窩座は義勇が水の型をすべて出し切ったことにも気づいていました。

「もう充分だ義勇。終わりにしよう。」猗窩座は義勇との戦いにケリをつけようとします。

見極めろ…見極めろ…

義勇が押されているその戦いを必死に観察し続ける炭治郎。

義勇が渾身の刀を振るうも、振り下ろした刃を側面から殴りパキンとへし折る猗窩座。

刀を折られてしまってはさすがの柱も為す術ありません。

「さらば」

そう別れの言葉を告げる猗窩座の拳が義勇の腹に打ち込まれ、血が吹き出ました。あああ義勇!!

猗窩座後ろ!!後ろ!!

しかし、義勇の腹に突き刺さったかと思われたその拳は猗窩座の後方に落下しました。

なんと猗窩座の腕が切断されていたのです。先ほどの大量の血は猗窩座のものだったことが判明しました。

それを成したのは炭治郎。その姿はいつもと違っていました。

ただひたすらに集中している様子で、そして目も髪の色も赤く染まっています。義勇が言うには呼吸の音も違うようです。

猗窩座は炭治郎の変化に危険を察知していました。

“術式展開・終式 青銀乱残光”

終わりにすべくさらに攻撃の速度も威力も増した猗窩座の技が炭治郎と義勇に襲い掛かります。

ほぼ同時に繰り出された百発の乱れ打ちを凪で受ける義勇でしたが、大半を食らってしまい膝をつきました。

辛うじてまだ息のある義勇に「大したものだ」と褒める猗窩座。その強さにまたしても「お前も鬼になれ」と義勇も勧誘します。

しかし猗窩座が倒したと思った炭治郎が、なんと背後に近づいていました。

炭治郎は『透き通る世界』の中で、先ほどの猗窩座の激しい攻撃もゆっくり見え回避出来ていたのです。

猗窩座が気づかぬほど気配が消されている様子の炭治郎に義勇も驚きますが、しかしこれは明らかにチャンスですので、気づかれていないうちに頸を狙えと心の中で叫んでいます。

覚醒炭治郎

「猗窩座!!今からお前の頸を斬る!!」

なんと炭治郎は何故か叫び自分の存在をわざわざ猗窩座に知らせてしまいました。衝撃を受ける義勇。当然猗窩座は気づきます。

猗窩座は先ほどの攻撃を食らっていても尚生きている炭治郎に驚愕しますが、破壊サツ・羅針はどんな攻撃でも感知するのでそれは問題はないと思っています。

それよりも気にかかっているのは今の炭治郎の気配。

猗窩座が「別の生き物になったようだ」と感じる今の炭治郎は、なんと闘気が消えているのでした。

落ち着いて炭治郎の動きを感じる猗窩座。

しかし「来る!!」と思ったその時にはすでに頸を斬られていたのでした。

“ヒノカミ神楽・斜陽転身”!!

見ていた義勇も、猗窩座自身も驚いています。

圧倒的な力を持つ猗窩座についにその刃が届いたのでした。

鬼滅の刃など漫画の最新刊を無料で今すぐ読む方法!!

漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

 

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読める!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

鬼滅の刃152話のネタバレ・感想

これでさすがに猗窩座戦終了かと思います。

猗窩座は力にコンプレックスがあるような憎めないキャラだったので少し寂しいですね。最後まで勧誘に熱心だったところも愛おしいです。

義勇を越える圧倒的な力を見せた炭治郎。

この『透明の世界』が誰しも行き得る世界なのか、ヒノカミ神楽使用者だけに使えるものなのか。炭治郎の様子を見ると後者なのかなと思いますので、とても特別な力なのかもしれませんね。

血統ってやつでしょうか。

鬼滅の刃153話の予想や考察

これで終わりであればこの戦いの決着が描かれそうです。猗窩座がどんな思いで亡くなるのか気になりますね。

義勇はかなりの負傷でしばし治療が必要な可能性があるので、炭治郎がひとり先に向かうかもしれません。

新たに別展開が始まるならどこになるのか、様々な人物が多方面に展開していますので楽しみですね。

テキストのコピーはできません!