食戟のソーマ

305食戟のソーマネタバレ最新話あらすじと感想306考察~間接的にいざ親父越え

「神の舌」は“薙切家の呪い”とも言えるものでした。

同じ能力を持つ自分では、母の望みを叶え解き放つことが出来ないとえりなは薄々気づいており、朝陽の勝利に希望を見出し始めています。

U-NEXTで食戟のソーマを無料で1巻読む!最新巻もOK!

食戟のソーマが全巻無料で読めるサイトを調査した結果はこちらの記事でまとめました。

食戟のソーマ最新刊35巻も全巻無料で漫画を読めるサイトを調査した結果!「食戟のソーマ」は原作:附田祐斗さん・作画:佐伯俊さんによる、2012年から【週刊少年ジャンプ】で連載中の漫画です。 2019年6...

ソーマは何か思うところがある様子ですが、ともかく今すべきは朝陽に勝利すること。

そんな中、かねてより待ちわびていたソーマと朝陽の対戦がいよいよ実現!!

薙切家の命運を握るとも言える勝負がついに開戦します!!

前回までの食戟のソーマはこちらです

304食戟のソーマネタバレ最新話あらすじ305考察~薙切の命運は誰が握る?

 

この記事では 2019 年4月1日発売の週刊少年ジャンプ「食戟のソーマ」の最新話 第305話「親父越え」のあらすじとネタバレ、感想や 306話の考察をご紹介しています。

食戟のソーマ最新話305話ネタバレ「親父越え」のあらすじと感想

ソーマの応援に極星寮の面々が到着。

城一郎、仙左衛門、堂島も会場で観戦します。

試合の前に、以前朝陽が「自分には絶対勝てない」と意味ありげに言っていたその内容が明かされます。

衝撃の事実を知ってもさらに前向きに試合を受け止めるソーマ。

そして皆が注目する中お題が発表されました。

無理難題とも思えるテーマでついに試合開始!!

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

みんな到着

『才波朝陽vs幸平創真』

会場中を包むその黄色い声援はほぼ朝陽へのものです。どうやら田所ちゃんとの試合で見せたクロスナイブズが強烈だったため、完全に朝陽に期待が集まっているようです。

すっかり朝陽色で沸き立つ会場の中、聞き馴染みのある声援がソーマの元に届きました。

「幸平ぁー!来たよー!」

それは極星寮のみんな。いつもの旗を振り上げ、会場のムードに負けないほど盛り上げています。

BLUEの観戦チケットがあまりに取れず、このソーマの試合でようやく駆けつけられたそうです。

笑顔で手を振り返すソーマ。何よりも心強い応援ではないでしょうか。

その様子を見つめているのは堂島先輩。城一郎、仙左衛門と共に会場で観戦するようです。

堂島は「皮肉なものだな」と言います。

何故ならぶつかるのは城一郎の実の息子とかつての弟子。そしてその大会を一手に握っているのが薙切の血族だからです。

特等執行官が仙左衛門の娘・真凪だったことは城一郎もこれまで知らなかった模様。

「日本で会うのは初めてだなあ」と感慨深く朝陽を見る城一郎。

対し朝陽も城一郎の姿に気付きました。

親父越えとは

仲間の到着で和むソーマに、朝陽はあるものを見せつけました。

「これ、誰のだと思う?」と取り出したのは包丁。

なんとそれは「才波城一郎」のものでした。

それは5年ほど前のこと。朝陽と離れる時に別れの品として譲り渡した「才波」時代の包丁なのだと城一郎は語ります。朝陽がソーマに恨みを持つようになった城一郎との最後の時ですね。

その後時は経ち、朝陽は真夜中の料理人として戦った城一郎を負かしたことがあります。

その時に使ったのがこの包丁。クロスナイブズによって「才波」と力を得て、この包丁と別のナイフを掛け合わせたことで勝利したのです。

つまりソーマの目標である“親父越え”はもう自分が先に果たしてしまったのだとソーマに自慢気に語ります。

「お前の包丁の上位互換ジョウイチローを倒した才波のナイフでお前も吹っ飛ばしてやる!!」

宣戦布告する朝陽。

ソーマは、朝陽が城一郎の包丁を握ってくれているおかげでこの試合が「自分が親父を越えるためのものにもなった」のだと前向きに受け止めています。

そしてそれを成すのは親父の包丁ではありません。

「俺自身の…「創真」のナイフで!!」

無理難題お題

モニターから見守っていた真凪は、その気概こそが自分の求める「地球上になかった皿」へと繋がっていくのだと嬉しそう。

二人の熱意に対して「それなりに歯応えのあるお題が必要だな」と考えています。

そんな真凪が考案したお題は―

世界の五大料理(諸説ある中のフランス料理、中国料理、トルコ料理、インド料理、イタリア料理の五つ)そのすべて!!食材は自由。

つまり『五大料理すべてを一つの品へと集約させ、最高の美食を生み出すこと』

これがお題となりました。

そんなの無理難題すぎると騒ぎ立てる極星寮。一方城一郎は何かを感じたようです。

ついに始まる!!

朝陽はさっそく様々なナイフを取り出しました。どれを才波のナイフとクロスさせるかといったところ。

無理難題そうに見えるお題でも、五大料理どころかあらゆるジャンルの包丁を網羅している朝陽にはいかようにも対応出来るのかもしれません。

先に調理を開始する朝陽。

ソーマはというと、落ち着いてしっかりエプロンの紐を結び、いつものように手ぬぐいを頭に巻き付けました。

「超えてやるぜ!!サイバ朝陽!!」

ソーマ、臨戦です!!

食戟のソーマの最新刊を無料で読む方法

U-NEXTは登録してすぐに漫画の最新刊を1冊丸ごと無料で読めます。

 

music.jpは登録してすぐに漫画の最新刊を2冊も無料で読めますよ♪

music.jp公式サイト

解約も簡単なので是非試してみてくださいね。

食戟のソーマ305話のネタバレ・感想

極星寮の面々が来ると安心しますね。解説やリアクション的な意味でも。華やかになります。

この試合を直で観戦している城一郎の視点が含まれるのも面白いです。

食戟のソーマ306話の予想や考察

最近のように刹那に料理が出来上がり勝敗がつく感じではないとは思います。皆も集合し、料理試合としてもクライマックスだと思いますので。

とりあえず次回は朝陽のクロスナイブズ技の披露ですかね。

朝陽の方が早く仕上げそうですが、五大料理すべてを感じられる料理というのは如何なるものかリアルに気になりますのでとても楽しみですね。

テキストのコピーはできません!