僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ222ネタバレ最新話223あらすじと感想考察!突然変異種~志村転弧!

この記事では2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」の222話のあらすじとネタバレ、感想や223話の考察のご紹介をします。

ヒロアカを1冊無料で読むのはこちら!最新巻もOK!

ヒロアカを全巻無料で読めるか調べてみました!

ヒロアカ 僕のヒーローアカデミア最新刊も無料で漫画村の代わりに読めるサイトは?「僕のヒーローアカデミア」は作者:堀越耕平さんによる、2014年から【週刊少年ジャンプ】にて連載中の大人気漫画。 2018年12月...

前回、ギガントマキアがシガラキの元に現れ、ギガントマキアはシガラキの実力を試したがあまりの弱さに絶望して暴れまわってしまった。

その時、ギガントマキアが持っていたラジカセからドクターの声が聞こえギガントマキアを止め、そのままドクターはシガラキ達を自分のいる場所に移動させた。

そこには大量の脳無がおり、それを管理している男ドクターもいた。

前回までのヒロアカはこちら

221ヒロアカネタバレ最新話のあらすじと感想222考察!ドクターの正体は?

そしてドクターもギガントマキア同様、シガラキが命を捧げるに値するか試していた。

シガラキは二人を認めさせることができるのか?

Sponsored Link

僕のヒーローアカデミアネタバレ222最新話のあらすじと感想

「やめろ転弧!」

大量のモヤがかかった記憶、

子どもの頃のシガラキの名前を呼ぶ声、

自分に向けられた手、

シガラキは思い出せないでいた。

 

シガラキはドクターに会う前の記憶が思い出せない事を語った。

しかしシガラキが普段から身に着けている手を持っていると怒りが湧いてきた。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

オールフォーワンと転弧

 

独りうずくまる転弧に手を差し伸べたのはオールフォーワンだった。

オールフォーワンは転弧をみて理解した。

「辛かったね志村転弧くん」と投げかけた。

転弧は不安だった、怖かった、辛かった。

だから転弧は助けを求めた、しかし誰も助けてはくれなかった。

「ヒーローが」「そのうちヒーローが」

人々はそう言い訳し、転弧を見ないふりを続けた。

そんな転弧を抱きしめ理解し助けたのはオールフォーワンだった。

 

シガラキの記憶がはっきりしだしたのはオールフォーワンと出会ったここからだった。



Sponsored Link


断片的な映像

 

オールフォーワンが転弧に部屋を与え、今日から自分は君の「先生」だという事を転弧に教えた。

転弧はオールフォーワンに何を教えてくれるのか尋ねると、オールフォーワンはドクターを部屋に招いた。

ドクターが部屋に入るとドクターは大量の人の手を持ち込んだ。

そしてオールフォーワンは転弧が突然変異種、誰も知りえぬ個性の持ち主だと伝え、この手は転弧が襲った事で、命を落とした家族のものだという残酷な事実を転弧に突き付けた。

転弧はいくつかの断片的な映像だけしか思い出せなかったが、自分のしてしまった事は分かってしまった。

その事実を知り転弧は恐怖し、体は震え嘔吐した。

転弧は弱弱しく立ち上がりゆっくりと手の方に近づき手を伸ばした。

そんな転弧の酷い姿にドクターはオールフォーワンに転弧の記憶をイジろうかと提案するもオールフォーワンはこれを拒否。

そしてオールフォーワンは転弧のむしゃくしゃした感情の矛先をどこに向けるかを転弧に教えた。

\まずは無料でお試し/

リセット

シガラキはあの日以来、手を肌身離さず持っている。

この手を身に着けたいると吐き気や苛立ちという苦しみを覚える一方で心がなぜか落ち着いていた。

シガラキには断片的な映像しか思い出せないのに、心は鉛の様で、しかしそこからは確かな怒りは溢れてくる。

たとえヒーロー社会が消えたとしても、支配者になったとしても決してシガラキの鉛は消えない。

そしてシガラキ気付いた。この世の全部が嫌いだと。

だからシガラキはすべてを壊す事に決めた。

このような事をシガラキは皆に語り終えるともう一度ドクターに手を貸すように求めた。

ドクターは今までの話を聞き子供だと笑った。

しかしそれを実践しようとするシガラキを気に入り協力する事に決めた。



Sponsored Link


条件

ドクターは元より協力を決めていたが、シガラキの成長を見る為にこのような行動をとっていた。

脳無のハイエンドとシガラキの為のちからを整えていることをドクターはシガラキに伝えたが、後者の方は最低限の格を身に着けてからと条件を付けた。

ドクターはギガントマキアを屈服させたら全てを捧げる事を約束した。

「まったく長いチュートリアルだったぜ」とシガラキは呟く。

荼毘はそんな中自分はギガントマキアに関して手伝わないとシガラキに伝えた。

理由は荼毘が仲間になりそうな奴がいてそっちを優先したいからであった。

荼毘はシガラキに勝手に単独で動く事を伝えるとシガラキは「紹介楽しみに待っているよ」と単独行動を許可した。

そしてシガラキはドクターにギガントマキアを屈服させるため元の場所に戻すように頼んだ。

ドクターはシガラキたちに通信機を渡し、元の場所に戻した。

シガラキはギガントマキアに遭うや否や、「未来の王様がご帰還だ」と言い放った。

ギガントマキアはシガラキを見て「王とは強い者だ」と返した。

どん詰まりだったヴィラン連合はここから加速し消滅する。

そしてデストロは笑みをこぼした。

ヒロアカ漫画の最新刊が無料で読める

絵で漫画を楽しみたい方に、ここでは漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介しています。

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間がありすぐに600Pもらえます。(1巻無料で読めます)

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読めます)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

僕のヒーローアカデミア222話の感想



Sponsored Link


今回はヒーロー社会の闇を感じましたね。

シガラキの犯罪を犯す理由、オールフォーワンを慕う訳を知れたことで、自分の中で好きなキャラになりました。

デク達も応援したいけど、シガラキ達も応援したい存在になってしまいました。

僕のヒーローアカデミア223話の考察

シガラキの突然変異種とは何なんでしょうか?

断片的な映像を見る限り今使っている個性ではないような感じです。

これがドクターが言っているちからと関係あるのかなと思います。

次にギガントマキアとの戦いが次からあると思いますが、やる気になっとはいえシガラキ達がギガントマキアに勝てるとは考えにくいです。

戦いで勝つこと以外に屈服させる方法があるのか?

それと荼毘ですがこの感じだとヴィラン連合に新しい仲間が増えそうと思った矢先にヴィラン連合が消滅すると

この感じで消滅するとは考えにくく何か作戦の為にわざと消滅させたとしか考えきれません。

デストロの笑みから解放軍が何かしたっぽいですが、これがヴィラン連合の罠なのかそれともマジで消滅したか分かりませんが次回も楽しみです。

テキストのコピーはできません!