七つの大罪

七つの大罪ネタバレ310-311最新話あらすじと感想~エリザベスに起こる悲劇

manga-saishinwa

この記事では2019年5月15日発売の週刊少年マガジン「七つの大罪」の最新話310のあらずじとネタバレ、感想や311話の考察をご紹介しています。

U-NEXTは登録後すぐ七つの大罪の最新巻が1冊無料で読めます

リオネス王国では盛大なパーティーが開かれ、バルドラはメリオダスにエリザベスと結婚して国王になってくれと頼む。

しかし、エリザベスはそれを拒んでメリオダスと魔界に行くと告げたのだった。

前回までの七つの大罪のあらすじとネタバレはこちらにまとめています。

manga-saishinwa
七つの大罪309ネタバレ310最新話あらすじと感想~エリザベスの決断この記事では2019年5月8日発売の週刊少年マガジン「七つの大罪」の最新話309のあらずじとネタバレ、感想や310話の考察をご紹介してい...

七つの大罪310話最新話ネタバレとあらすじ感想

【エリザベスの最後の夜】

 

リオネス王国ではメリオダスがいる影響で冬でもないのに雪が降っており、おまけに雷が鳴っていた。

エリザベスは魔界に行くための荷物をハート型の鞄1つだけにしていた。

エレインにそれを問われるとこれから魔界で暮らすから物はそっちで調達するようにしないといけないからだと述べた。

不安や恐怖はないのと聞くエレインにエリザベスはあると言えば嘘になると言うも表情は穏やかなものだった。

理由は自身にかけられた呪いが解け、エリザベスとしての最後の人生をメリオダスと一緒に暮らせる喜びの方が強かったからだった。

同時に皆と別れる事に寂しさも感じていたがエレインは言わなくても伝わっていると口を塞いだ。

そしてこの道を選択した事にホッとしてると、別れるのは寂しいけど自分達が友達なのには変わらないとエリザベスに言うのだった。

 

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

七つの大罪の最後の夜

豚の帽子亭の外ではホークはワイルドが作った自身の子守歌を歌っていた。

豚の帽子亭内部ではディアンヌがマーリンに魔界の事を何度も聞いていた。

マーリン曰く魔界は暗黒の瘴気が漂い、インデュラを始めとした怪物が蔓延る国でその穢れで他種族の肉体と精神を腐らせるがエリザベスなら問題ないとの事。

そしてメリオダスを始めとした面々はエリザベスが魔界に行くと言い出した事を思い出していた。

魔界の事をよく知っているメリオダスは反対したがエリザベスの意志は強く、その表情を見たら誰も反対出来なかったので最終的に行く事になったのだ。

マーリンからしたらあれこそがメリオダスを<光の聖痕(スティグマ)>に連れ込んだ本来のエリザベスだと言った。

ゴウセルがメリオダスに未練はないのかと聞くと自分とバンの子供で喧嘩させたかったと言う。

それを聞いたキングとディアンヌも自分達の子供はと言うが勢い余って言ったせいか2人は顔を赤らめた。

2人の姿を見たメリオダスは笑みを浮かべるもすぐに真剣な表情になり、自分が呪いを解く事しか考えなかったからアーサーやゼルドリスを始め多くの犠牲を出しから自分は魔界(じごく)が相応しいと言うのだった。

そんなメリオダスを皆が励ました。

皆の励ましを聞いたメリオダスは皆がいたから今の自分があると言ってお礼を言うと七つの大罪の解散を告げたのだった。

eBookJapanなら初回登録で漫画を半額で読めます♪

お別れと悲劇

そして翌日、別れの時が来ていた。

マーリンは辺鄙な場所に魔界への門を出現させていた。

理由は魔界に一番近い接点だったのと、王都の民が誤って門をくぐるのを阻止するためだった。

メリオダスはホークに誘いをかけるがホークは断り、煉獄に行って生まれ故郷を見て回ってワイルドの墓を建てると言う。

ディアンヌはエリザベスのところに行って、昨日冷たいと言った事を謝り、嫌いにならないでと言う。

エリザベスはそんな事は気にしておらず、ディアンヌの手を握ると一生の友達だと、キングと仲良くねと言うと手を離して門へと歩いていく。

他の皆がエリザベスの名を叫ぶが彼女は振り向くことなく門へと歩いていく。

理由は魔界に行く覚悟を鈍らせないために後ろを振り向かず、メリオダスと共に前を向いて歩くためだった。

そしてメリオダスは皆に向かって手を振ると同時にエリザベスの頭上に大きな岩が降ってきて、直撃した。

突然の事に全員が唖然としており、メリオダスも唖然としながらも大声でエリザベスの名を叫んだ。

大岩の近くにはエリザベスのものと思われる血とハート型の鞄だけが残っていた。

FODなら初回登録で七つの大罪を数冊無料で漫画を読めますよ♪

七つの大罪など漫画の最新刊を無料で今すぐ読む!

  • U-NEXTなら登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

登録後31日間無料期間があるので無料!すぐに600Pもらえるので、そのポイントを使って無料で漫画を読むことができますよ!

 

 

  • 次にmusic.jpがオススメです!(2巻無料で読める)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます↓

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

七つの大罪310話のネタバレと感想

まさか、こんな展開になるとは思ってもみませんでした…。

魔神王を倒して、今日の話の流れからしても最終回に近づく流れっぽかったのでそれ故に今日の話の衝撃が強すぎましたね。

あの時、メリオダスがあっさりと呪いを解きましたがそれでも三千年の呪いはそう簡単に消えなかったのかと思いました。

何はともあれ、エリザベスの安否が気がかりなので、早く続きを知りたいと思いました。

七つの大罪311話の予想や考察

まずはエリザベスの安否の確認だと思います。

とはいえ、完全に不意打ちでしたかね…よくて重傷、最悪〇んでいるのではないかと思います。

このような事をした者は恐らくも何も女神族の長であり、エリザベスの母親である最高神ではないでしょうか。

女神族の長の娘が魔神族の男と結ばれるなど、他の女神族に示しがつかないと思ったのでしょう。

これまでは呪いが働いていましたから特に手は下しませんでしたが、もう呪いは解けているので実力行使かリュドシエルのように魔神族に怒りを抱く女神族をけしかけたのではないかと思います。

娘が何度も呪いで〇んで転生しても気にも留めもしませんでしたからやりかねないと思います。

テキストのコピーはできません!