鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ171-172最新話あらすじ!黒シ牟の刀に変化!玄弥も鬼に?

manga-saishinwa

自力で動き出した無一郎。

体をバラバラにされても辛うじて生きていた玄弥。黒シ牟の髪を食べさせてくれと無一郎にお願いします。

実弥は傷を縫い終えると、痣を発現させ再び戦いの場へ。

悲鳴嶼と実弥、痣者同士の柱の連携で黒シ牟に挑みます!

一気に倒し切れるか?!

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査しました!アニメも無料で視聴できますよ!

mangamuranokawari
鬼滅の刃最新刊も漫画村の代わりに全巻無料で読めるサイトは?ネタバレ研究会調べ「鬼滅の刃」は作者:吾峠呼世晴さんが2016年から【週間少年ジャンプ】で連載中の人気漫画です。 2018年にコミックス13巻が発売...

この記事では 2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第171話「変する」のあらすじとネタバレ、感想や 172話の考察をご紹介しています。

前回までの鬼滅の刃のネタバレとあらすじはこちらです

manga-saishinwa
鬼滅の刃170ネタバレ最新話171あらすじと考察~黒シ牟も驚く痣同士の連携!黒シ牟vs悲鳴嶼行冥、開戦! キサツ隊最強の男はやはり最強だった! 悲鳴嶼の猛攻に、あれほどまでに異次元の強さを見せていた黒...

鬼滅の刃最新話ネタバレ171話「変する」のあらすじ

黒シ牟の髪を喰った玄弥は鬼化が進んでしまう。

悲鳴嶼・実弥は持ち前の実力と連携で黒シ牟を圧していきます。

しかしついに本気を見せ始めた黒シ牟によって形勢は逆転?!

玄弥の異変

玄弥が無一郎に黒シ牟の髪を食べさせてもらっています。

「玄弥、大丈夫か?」

無一郎が声を掛けるものの、何やら玄弥の様子がおかしい。

ドクンドクン…体に血が巡るのを感じながら、玄弥は誰かの声を聞いていました。

どうやらあっという間に胴が繋がったようで、その凄まじい回復速度に玄弥自身も驚いています。

「髪の毛喰っただけでこれか」これが上弦壱の血の濃さです。

どんどん血が巡っていく玄弥は気分が良くなり、「あれを喰えばもっと…」と黒シ牟の折れた刀の刃先まで食べようとしています。

そしてまた声が聞こえます。頭の芯に響くようなその声は、

「黒シ牟、柱を何人倒した?まだ此方には来させるな」

そう、無惨の声でした。

黒シ牟の髪を喰ったことによって玄弥はなんと急速に鬼化が進んでいるのです。

「どうなっていくんだ俺の体…」

吹き出しも黒くなっています。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

黒シ牟の評価

一方、痣を出した柱2人と黒シ牟の激戦が始まりました。

黒シ牟は悲鳴嶼と実弥を「恐らくこの2人が柱の中でも実力上位」と評しています。

特に屈指の肉体を持つ悲鳴嶼は高評価。盲目にも関わらず、鎖を振り鳴らす音の反響で空間や動きを把握し正確で強力な攻撃を繰り出しているのです。

そこで黒シ牟がまず選択したのは、実弥の武器破壊。

黒シ牟は意外と容易く折れる側面から叩きに行きます。しかし実弥は瞬時に刀を立てて押し返しました。

黒シ牟は実弥の反射速度が上がっていることを感じます。

畳み掛けろ

悲鳴嶼・実弥の激しい攻撃は、黒シ牟の髪を斬り散らしているほど圧しています。

致命傷を負わされている実弥は普通ならば戦闘不可能でもおかしくないのに、それどころかここにきて動きの速さ・精度を上げているのです。痣を出したとは言え驚くべきことです。

そして鉄球によって中距離攻撃していた悲鳴嶼が、タイミングを見計らい前に出てきました。

一気に詰め寄り、斧で黒シ牟の耳を斬り取ります。

すかさず実弥が“塵旋風・削ぎ”を繰り出すと、2人で一気に技を仕掛けました。

“風の呼吸・漆ノ型 頸風・天狗風”!!

“岩の呼吸・壱ノ型 蛇紋岩・双極”!!

2人の技の威力は、黒シ牟の衣服を刻んでいます。果たして…

FODなら無料でもらえるポイントを使って鬼滅の刃を3~4冊無料で読めるよ!

黒シ牟の刀が変化

「まだだ!畳み掛けろ!頸を!頸を斬るまでは!」

頸を斬るまでは決着とは言えません。2人は再び走り出しました。

しかし突然体から血が噴き出します。

「馬鹿な…何をされた?!」

悲鳴嶼は混乱します。2人はまだ充分に距離を取っていた状態。刀の攻撃が届く間合いではありません。

「奴は何をした?!」

その答えは直後に明らかとなりました。

なんと黒シ牟の武器が変化しています!

今までより長くなり、刃の途中に小さな刃が一本、反対側に2本ついていて、柄の部分に目玉が並んでいるという感じ。

不気味な刀を不気味に構える黒シ牟。

「貴様ら二人を討ち果たしてしまえば残りは容易く済みそうだ…」

黒シ牟が新たに見せた凶刃に、悲鳴嶼・実弥はどう立ち向かっていくのか?!

music.jpなら最新刊も含めて漫画が2冊無料で読めるよ♪

鬼滅の刃の最新刊も無料で読む方法

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

  • 次におすすめなのがmusic.jp!(2巻無料で読めます!)

こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに961Pもらえるので、2巻分を無料で読むことができます!

music.jp公式サイトはこちら

music.jpは、更に動画を見れる1500Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています!

U-NEXTも、music.jpも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

鬼滅の刃171話のネタバレ・感想

悲鳴嶼はもちろん、やはり実弥も柱トップクラスの強さだったんですね。黒シ牟が言うのだから間違いありません。

黒シ牟の髪や衣服が散っていくなんて他の隊士では成し得なかったですから、2人の強さ・凄まじい技と連携が表れていますよね。

しかし黒シ牟は未だ無傷と言えます。

その上本気を見せ始めたのですから、ここから形勢が逆転しそうです…怖いですね。

鬼滅の刃172話の予想や考察

パターンで言うと次回は黒シ牟のターンでしょうか。

一見、刀の形状が変わっただけとも言えますが、今まで評価や回想ばかりしていた黒シ牟が「討ち果たす」という攻撃意志を示し始めたのはかなり大きいと思います。

悲鳴嶼・実弥がどう対応していくのか。もちろんこの2人がすくにやられるとは思いたくありませんが、勝てそうな気がしないのも事実。

そうなるとこの戦い、キーマンとなるのはやはり玄弥でしょうね。

黒シ牟は鬼食いを嫌っているようですぐに玄弥の命を奪おうとしていたので、そこに勝機がありそうですかね。

そしてこのまま無惨の声が聞こえるならこの決戦において有利になりそうですが果たして…。

次回も楽しみです。

テキストのコピーはできません!