鬼滅の刃

鬼滅の刃180ネタバレ最新話181あらすじと考察~無惨復活!絶望が始まる!

manga-saishinwa

「死なないで欲しい」兄たちの願いは虚しく、無一郎と玄弥は皆のために命をかけ死亡しました。

自分たちより年下の少年たちの犠牲の元、悲鳴嶼と実弥は彼らの死を無駄にしないために、悲しさや悔しさを乗り越えすぐに前に進まなければなりません。

いざ!無惨の元へ!!

「鬼滅の刃」は「eBookJapan」で無料試し読みが可能!
登録不要で内容をチェックすることが出来ます☆彡

鬼滅の刃を今すぐ試し読みする

前回までのストーリーはこちら

179鬼滅の刃ネタバレ最新話180あらすじと考察~兄弟の物語!黒死牟が恨み続けた弟・縁壱は、神に愛されし男であり太陽のような眩しいでした。 黒死牟は彼がこの世から消えて欲しいと願いつつも、何百...

この記事では 2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」の最新話 第180話「恢復」のあらすじとネタバレ、感想や 181話の考察をご紹介しています。

鬼滅の刃最新話ネタバレ180話「恢復」のあらすじと感想

仲間の訃報を胸にさらに前へと足を進める炭治郎ら鬼殺隊。

そして第一陣が無惨の元へ辿り着くも、無惨が殻から飛び出し大混乱!

生まれ変わった無惨の殺戮ショーが始まる!?

遺された者

カラスによって皆のところにも無一郎と玄弥の訃報が伝えられていきます。

2人の笑顔を思い出し、顔を覆うほど大量の涙を流す炭治郎。

「みんな死んでしまう…」

それでも前を向いて走らなければならないのです。最後の最後まで戦い抜く…みんながそうしたように。

「しっかりしろ」

炭治郎はひた走ります。

 

どうやら炭治郎は『受け継ぐことができなかった者』。

千寿郎くんの手紙によってヒノカミ神楽が13あるはずと分かりましたが、炭治郎は12までしか知らない不完全な状態のようなのです。

「だけどそれでも俺は必ず無惨を倒す。みんなのためにも俺は…俺たちは…」

炭治郎は強い意志で進みます。

↓U-NEXTなら登録後すぐに無料で1冊読めます↓

無惨復活!

「だめだ間に合わない。珠世さんが持たない。無惨が復活する」

ここで初めて輝利哉が焦りの表情を見せました。

隊士たちの第一陣・第二陣が間もなく到着との報告を受けますが、輝利哉は急いで「柱が来るまで待機」という命令を下します。

…が、現場ではすでに現場には第一陣が到着してしまいました。10人以上確認できますね。

 

あの気持ち悪い無惨ボールは空間に根を張るような形で空中に留まっています。

刃が届かないため隊士たちが急いで攻撃方法を探っているところで、先ほどの「待機命令」が届きました。

「待機なんてしてる場合じゃないだろ!柱が来るまでに少しでも何か役に―」

隊士たちの気持ちは分かりますが、そう言ってる間に何者かの攻撃を受けてしまいました。

無惨です。

白髪で、腕や足にいくつもの口がついた不気味な姿の無惨が気が付けば肉ボールから飛び出していました。

無惨はあっという間にその場にいた隊士たちを刻んでいきます。

「柱の到着を待て!回復のための食糧にされる!聞こえている者!」

輝利哉が皆に一旦引くよう全力で支持しますが、しかしすでに無惨によって全員が命を失っていたのでした。一瞬でした。

珠世消滅

無惨は「全員死んだぞ」と一言伝えると伝令のカラスまで斬り落としてしまいました。

無惨は隊士たちを糧にして元気を取り戻しています。

「私のためにわざわざ食糧を運んできたこと、褒めてやろう産屋敷」

無惨は産屋敷の跡継ぎを皮肉に褒め、「私の前で跪き頭を垂れるならば鬼にしてやってもいい」と言っています。

復活した無惨は右手にずっと人の頭を抱えて(目に指を刺した状態で)持ち歩いていたのですが、どうやらそれは珠世でした。ああ…あんな綺麗な人がこんな姿に…。

「どうだ珠世、お前の薬も結局危機はしなかったようだぞ」

すでに首だけとなった珠世は「お前は…今日…必ず…地獄に…堕ちる…」と声を振り絞りますが、無惨は「今まで何百人もの人間が私にその言葉を吐き散らしたがそれが叶うことは決してなかった」とあざ笑います。

「私の…夫と…子供を…返せ…」

この珠世の言葉に無惨は不機嫌な表情を示しました。

「ならばすぐさま死んで“己が殺した”身内の元へ行くがいい」

無惨は珠世を握り潰してしまいました。そして手のひらにある口でバリバリ食べています。

FODなら無料でもらえるポイントを使って鬼滅の刃を3~4冊無料で読めます。

1ヶ月利用無料なので、こちらから確認してみてね!

動き出す無惨

そうなると正気でいられないのが愈史郎くん。

珠世の最期を感じたのでしょう。その場にうずくまり、汗をかきギリギリと歯を食いしばりながら拳を握っています。

 

一方無惨は無双状態。

近くにいた隊士を次々に食い荒らしていきます。たぶん凄いスピードです。

「退がって下さい!退がって!」

輝利哉が命を飛ばすもこの無惨のペースはどうにもならなそうです。しかし無惨は、一番早く到着すると思われていた柱・義勇とは逆方向へ飛び出していった模様。

「ああ…!子供たちが次々と殺される!無惨は回復し珠世さんの命も無駄となる…」

為す術もないうちに、無惨はこんな意思を示します。

「鬼狩りは今夜潰す。私がこれから皆殺しにする」

「誰も彼も役には立たなかった」とため息交じりに、ついに無惨自身が動き出す!!

 

鬼滅の刃の最新刊も無料で読む方法

  • U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます!

31日間無料期間があり、登録後すぐに600P寄与されます。そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。

  • 次におすすめなのがFOD

FODなら「鬼滅の刃」を4冊も無料で読むことが出来るのです!

こちらのページから登録すると、1ヶ月無料期間があり、合計1300ポイントもらえるので、鬼滅の刃を4巻分無料で読むことができます!

ポイントは初回登録時100p、その後8のつく日にログインすると400pずつ付与されて合計1300p無料でもらえます。

U-NEXTも、FODも両方とも解約が簡単なので、無料期間中に読みたい漫画を読んで解約すれば料金は一切かかりません♪

是非一度お試しください。

鬼滅の刃180話のネタバレ・感想

仲間が犠牲になりつつも有利に戦いを進めていた鬼殺隊でしたが、無惨が復活してしまいましたね~。

手足に細かい口だらけで気持ち悪いビジュアルですが、かなり強そうでラスボス感は出てきたかと思います。

これまたかなり長引きそうな予感…。

鬼滅の刃181話の予想や考察

煽り文が「目覚めた無惨!殺戮の夜が始まる…!」となっているので、次回はやはり新生無惨のターンでしょう。

ここでまず初めに出会う柱が誰なのか注目ですね!

新展開楽しみです。

テキストのコピーはできません!