僕のヒーローアカデミア

ヒロアカのネタバレ209-210最新話あらすじと考察!ワンフォーオール登場!

この記事では2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」の209のあらすじとネタバレ、感想や210話の考察をご紹介しています。

第4セットの前半は取陰の作戦が上手くはまり、B組チームのペースで進んでいきました。

前回までの僕のヒーローアカデミアあらすじとネタバレはこちらです

僕のヒーローアカデミア208‐209ネタバレあらすじ最新話考察~爆豪が目指す完全勝利この記事では2018年12月3日発売の週刊少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」の208話あらすじとネタバレ、感想や209話考察をご紹介...
僕のヒーローアカデミアネタバレ207‐208最新話考察手のひらの上で踊らされるA組前回、第3セット戦いは、最後に残った障子対ポニーの一騎打ち。 ポニーは劣勢ながらも自身の出来る事や状況を判断してタイムアップまで粘...

しかし爆豪が仲間の為に動いた結果、取陰の作戦が崩れ始めます。

B組チームは、1人また1人とA組チームにやられていき、最後に残った取陰もやられてしまいます。

チームワークの良さで第4セットを勝ち取ったA組。

このままの流れで第5セットも勝利することができるのか?

Sponsored Link

僕のヒーローアカデミア209最新話のあらすじとネタバレ!

 

倒した取陰達を檻に運び、全員を檻に入れたことで、第4セットはA組の勝利。

推薦入学の取陰がいるB組チームに5分程度で勝利していました。

この勝利に相澤先生は、必要以上の損壊は出さない、補足からの確保の早さ、能力の高い爆豪を軸に戦った事を褒めていました。

B組のヴラド先生は、過去のデータを元に立てた作戦の事は褒めていましたが、柔軟さが欠けていた事を指摘していました。

敗北した取陰はひどく落ち込んでおり、自分の作戦が上手くいかなかった事を謝っていました。

取陰に対して他のメンバーは爆豪があんな行動するとは思えなかった事から、失敗はしょうがないと慰めていました。

超えるよ

帰ってきた爆豪にオールマイトは「震えたよ!」と褒めます。

照れているのか「風邪でもひいてんじゃねーの」と爆豪は答えます。

そんな所に笑顔でデクは爆豪に駆け寄ってきます。

そんなデクについ暴言を吐いてしまう爆豪。

爆豪はデクに「俺ァ進んでんぞ、てめーにゃ追いつけねぇ速度でだ」と言います。

デクはそれに対し「超えるよ」と一言。

その一言を聞いた爆豪は「爆豪は越えられねぇよ」と言い立ち去ろうとします。

デクは爆豪にまっすぐな目で「見ててよ」と言います。



Sponsored Link


B組の作戦

第5セットの前に作戦を立てるB組。

第5セットのB組チームは、取陰のチームと同じようなバランスで、テクニカルな個性が揃っていて身を隠したままの攻撃手段が豊富な事から、取陰と同じような作戦で行く様子。

そうなると機動力、戦闘力、が高く、遠距離攻撃を持つデクが第4セットの爆豪みたいに突破口を開かれると考え、B組はデクを警戒する。

心操の個性でデクを最優先で抑ようと考えるが自力で洗脳を解いた事から、物間と2人でデクを止めようと心操は提案する。

物間と協力してもデクを洗脳できるか分からないが、デクを止めなきゃ上手くいかないとB組は思い、B組は心操にデクの事を任せる。

 

心操のヒーロー科編入について話し合う先生たち。

第1セットでは十分な活躍を見せた心操だが、第5セットでも上手くいくかで編入の可否が決まりそうだ!

大丈夫絶対勝てる

第5セットのスタートの位置に向かう途中に作戦を考えるデク達。

デクは個性を使いながらスタート位置に向かう。

心操の警戒はもちろん、それにとらわれすぎてもいけないなど話し合っていた。

向こうの個性とこちらの個性を考えた時、こっちが不利だと考え、何とか罠にはめる方法を考えていた。

そこにデクが囮役を買って出る。

個性の不調を言っていたデクを心配する芦戸。

デクは今は個性を使ったみた結果、なんともなかったと伝えた。

デクは第4セットの事から自分を警戒すると思い、いつも以上に動かないといけないと考える。

峰田はデクに「大丈夫かよー…おまえ頼りだぜ…?」と不安を表す。

そんな峰田に「大丈夫、絶対勝てる」と自信満々に言い切った。

そんなデクを見てチームメンバーは心強い様子。

デクはもう一度、個性に違和感がないか確かめた。

デクは爆豪を見て気合十分。

そして本日最後の第5セットが始まった。



Sponsored Link


不穏

オールマイトの携帯にグラントリノから連絡が入る。

場面は変わりワンフォーオールがいる監獄に。

ワンフォーオールを監視している者は、ワンフォーオールの動きにストレスを感じ、刑の執行を急いでほしいと考える一方で、ワンフォーオールの仲間が動かないように今は刺激しない方がいいと思っていた。

ワンフォーオールは懐かしさを感じ取りつい動いてしまった様子。

そして一言「弟の声がする」

 

僕のヒーローアカデミア209話の感想

 

第4セット決着が早いと思っていましたが、まさか5分程度とは、予想以上に早くて驚きました。

爆豪はデクにライバル意識がすごくて、デクも張り合って、お互いに成長してる感じがして本当にいいライバルだなと感じました。

 

B組の作戦を聞いてデクって意外と評価高いんだなと感じました。

機動力、戦闘力が高いのは分かるからそのことを話し合うのは分かりますが、デクって怪我が多くて、そのケガも自身の個性だし安定性に欠けると思うんですよね。

そのことをB組は話し合わないのはちょっと違和感がありました。

 

A組チームは「勝てる」というデクの言葉を聞いて士気がが上がった思います。

これを見るとデクは頼もしくなったなぁと思います。

 

僕のヒーローアカデミア210話の考察!

 

気になるのはデクの個性についてですかね。

最後のワンフォーオールの「弟の声がする」ってデクの個性の変化に気が付いている感じがします。

デクもなんともない、いつも通り、違和感はないと言っていると第5セットでなんか起きるって言ってるように感じます。

心操の洗脳がきっかけでデクの個性に何か変化が起きると予想しています。

不穏な空気が漂っていますが次回も楽しみです。

テキストのコピーはできません!